彼岸花|MOVIE WALKER PRESS
MENU

彼岸花

1958年9月7日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、「若い広場」の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、田中絹代・有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や、馴染みの女将のいる料亭「若松」に姿を見せなかったのは文子が彼の意志に叛いて愛人の長沼と同棲していることが彼を暗い気持にしていたからだった。その事情がわかると平山は三上のために部下の近藤と文子のいるバーを訪れた。その結果文子が真剣に結婚生活を考えていることに安堵を感じた。友人の娘になら理解を持つ平山も、自分の娘となると節子に突然結婚を申し出た青年谷口正彦に対しては別人のようだった。彼は彼なりに娘の将来を考えていた。その頃、平山が行きつけの京都の旅館の女将初が年頃の娘幸子を医師に嫁がせようと、上京して来た。幸子も度々上京していた。幸子は節子と同じ立場上ウマが合い彼女の為にひと肌ぬごうと心に決めた。谷口の広島転勤で節子との結婚話が本格的に進められた。平山にして見れば心の奥に矛盾を感じながら式にも披露にも出ないと頑張り続けが、最後は折れて渋々ながらも出席した。結婚式の数日後平山はクラス会に出席したが、親は子供の後から幸福を祈りながら静かに歩いてゆくべきだという話に深く心をうたれた。その帰り京都に立寄った平山は節子が谷口の新任地広島へ向う途中、一夜をこの宿に過して、父が最後まで一度も笑顔を見せてくれなかったことを唯一の心残りにしていたと、幸子の口から聞かされて、さすがに節子の心情が哀れになった。幸子母娘にせきたてられて平山はくすぐったい顔のまま急行「かもめ」で広島に向った。

作品データ

原題
Higan-Bana
製作年
1958年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    やまひで

    4.0
    2007/2/15

     小津の映画美学とは何か。まず、カメラを固定する。しかも、そのカメラの首は回さない。だから、ある場面の中に既に俳優がいるか、または、そこの場面に俳優が入ってくるか、はたまた、その場面から俳優が出て行くかなのである。つまり、カメラは俳優を追いかけることをしないのである。そこには、シネマ特有の映像をダイナミズムに創造するという意志がないのであり、その意味で小津は、アンチ・シネマの映画人と言えるのではないだろうか。
     定点撮影をする。その定点も一場面では数点に絞る。そして、その決めた複数の定点をカメラは移動して回る。しかし、カメラの首を回さないから、かなり硬い、ぶつ切りの編集になる。カメラはその複数の定点を一巡してまた元の定点に戻る。しかも、その視点の高さは四・五歳の子供の目の高さの位置である。だから、畳の上ではほぼ同じ高さになり、それ以外ではやや空間を下から見上げる視点となる。さらに、これに伴って、その映像構成は、空間を手前から奥へと、まるで望遠鏡を逆さから見ているような遠近法を使って、なされている。特にこれは、廊下や縁側などの筒型の空間を使った場面によく出てくるものである。
     映像美学が殆どアンチ・シネマの美学であり、そのストーリーもドラマッチックなものではない、ありふれた日常性から切り取ったものである。つまり、スペクタクル性の全くない映画を小津が撮っている。ここに小津のアヴァンギャルド性があると僕は信ずる。小津映画の真骨頂は、それ故、半身の肖像画として切り取られた俳優が固定されたカメラの前で日常の小さな真実を如何に本当らしく話して聞かせられるか、その話術こそあるといって過言ではない。この意味で、僕は小津を、極限に様式化した日本のエリック・ロメールであると呼びたい。
     さて、この1958年の作品を見て気が付いた点は、「同棲」という言葉が僕の意識よりも10年近く早くこの映画の中で使われていたこと、既にゴルフが会社の常務連中のリクリエーションのものとして存在していたこと、そして、ビクターの大きなネオン広告が既にこの時テレビ時代の到来を誇らかに告げていたことであった。一方、下の娘に「封建的の塊」と言われる佐分利は、想像するに1905年ぐらいの生まれで、とすると、日露戦争の頃に産声を上げた人間、その佐分利は映画の終わり頃に旧制中学の同窓会に出る。そこで級友の笠が詩吟を朗ずる。その詩吟を同級生達が感慨深げにしみじみと味わって懐旧の念に浸っている。こういう文化的伝統が今は恐らく死滅しているであろうが、正に、その漢文学の運命と同様に、父親の権威もまた、この映画が描くように失われていくのである。

    違反報告