隠し砦の三悪人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

隠し砦の三悪人

1958年12月28日公開,139分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「どん底」の黒澤明が久方振りに発表する初のワイド作品で、戦国の世、敗軍の将が美女と黄金を擁して敵中を突破するという娯楽時代劇。脚本は、菊島隆三・小国英雄・橋本忍・黒澤明の合作。撮影は「東京の休日(1958)」の山崎市雄。出演者は「無法松の一生(1958)」の三船敏郎を筆頭に、千秋実・藤原釜足・藤田進・志村喬、それに新人の上原美佐・樋口年子など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦国の乱世、秋月家は隣国の山名家と一戦を交えて敗れ去った。秋月家の侍大将・真壁六郎太は、世継の雪姫を擁して数名の残党と隠し砦にこもった。砦近くの泉には、薪の中に軍資金黄金二百貫が隠されている。同盟国の早川領へ脱出の機会を狙っていた六郎太は、砦近くの沢で出会った二人の男、百姓の太平と又七を利用しようと考えた。二人の強欲は、黄金を背負わせたらあらゆる苦難にも耐え得ると見抜いたからだ。早川領への国境は警護が固かったから、一度山名領へ入り、敵地を通って早川領へ抜けるより道はなかった。六郎太は雪姫を口がきけない村娘にしたて、太平・又七とともに砦を後にした。国境の関所。六郎太は背中の薪を一本引抜き山で拾ったと訴え、黄金を見て騒ぎ出したその際に関門を通過した。木賃宿で一夜を明かした六郎太は、姫の願いで、人買いに買われて行く秋月の百姓娘を救った。百姓娘はどこまでもついてきた。一行五人は、しばらくの間姿をくらますことに成功したが、騎馬武者に発見された。六郎太の前に、山名の侍大将・田所兵衛が立ちふさがった。激闘数合、兵衛は六郎太の槍を太腿に受けた。首をさしのべる兵衛を残し、六郎太は馬にとび乗った。山名方は百姓を火祭りにかりたて、一行がその行列にまぎれこんで逃げるのを待った。薪を火にくべる火祭りの行列は、黄金をしこんだ薪を運ぶ絶好の機会だった。太平と又七が列を離れようとしたとき、六郎太は押しとどめその炎の中に薪を投げこんだ。一行は、百姓たちとともに踊った。翌朝、金の延棒を拾いあげていた一行に危機が迫った。山名方の山狩りである。太平・又七は敵方へ走った。--山名と早川の国境にある関所の牢の中で、雪姫と六郎太は最後を待っていた。そこに現われたのが兵衛だ。六郎太に不覚をとったため、主君に弓杖で打たれたという。姫・六郎太・百姓娘の三人は、縛られたまま馬にのせられて曳き出された。続いて黄金をつんだ五頭の馬。と、兵衛が現われ黄金をつんだ馬の尻をなぐりつけた。馬は早川領へ。続いて兵衛は六郎太の縄を切った。三人は早川領へ走り去った。兵衛も続いた。慌てた山名の鉄砲が、後を追って鳴り響いた。

作品データ

原題
The Hidden Fortress
映倫区分
G
製作年
1958年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
139分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2007/1/7

     農民と武士が身分的に交錯しえた時代は、平安時代の後期を除けば、日本史では、あの戦国時代の下剋上の時代しか考えられないのであるが、その、農民と武士の二つの世界を、この和風西部劇では、百姓「太平と又七」と武士「六郎太と兵衛」に類型的に代表させている。その分、それぞれの人物造形がかなり一面的で深みがなく、この点がこの映画の難点となっている。また、ストーリー自体は一見多彩のような感じを与えるが、見ていて先々が読めて、話の、意表を衝く展開がないのも残念である。山名方に捕らえられた六郎太たちを突然助ける兵衛の心変わりも今ひとつ説得性に欠けるのは私だけの感じであろうか。そして最後、いかにも取って付けたような、それまで強欲の塊だったような太平と又七が仲直りをしてしまうわざとらしいラスト・シーンは、せっかくその前に作り上げた造形美に富むシーン、即ち、雪姫を中央に置き、六郎太と兵衛とに脇を固めさせた歌舞伎の極めのような映像造形を台無しにしてしまっている。この作品、私には、「次回、乞うご期待」というところだ。

    違反報告