幸運の階段|MOVIE WALKER PRESS
MENU

幸運の階段

1958年11月11日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中野実のNHK連続テレビ劇を映画化したもので、「女探偵物語 女性SOS」の若尾徳平が脚色、「恐怖の対決」の岩間健夫が監督したホーム・コメディ。撮影も「恐怖の対決」の小杉正雄。「この天の虹」の高千穂ひづる・田村高廣、「ろまん化粧」の杉田弘子に、日守新一・清川虹子・柳家金語楼らのコメディアンが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大道易者秋嶽の一人娘・マヤはデパートの化粧品売場のマネキンだ。ヴイナス化粧品会社の女社長天野夫人の御曹司・宣伝部長輝夫はマヤを見染めた。自分のところのクリームを買いに行くほどだ。天野夫人は息子のために、デパートの堀支配人からマヤに縁談の話を伝えさせ、秋嶽にも正式に話を持ちこむ。マヤは一年の期限つきで輝夫と交際することにした。マヤは隣りのアパートに引越してきた圭介青年と知り合った。彼はヴイナス化粧品の研究所員で、輝夫の大学時代からの親友という。圭介もマヤに一目惚れで、大阪の叔母みきのすすめる京子との縁談も上の空だ。圭介と京子との見合いの当日、そのレストランの二階では、マヤと輝夫が初めての会食をしていた。圭介は輝夫の相手がマヤと知り驚く。マヤは圭介がフランスへ派遣される話を自分との交換条件と誤解する。みきはマヤを敵視する。大変な騒ぎである。数日後、マヤはファッション・ショウ出演のため大阪へ向った。同じ宿へ、後から出張して来た輝夫が泊った。天野夫人やマネキンクラブ会長の謀略である。彼女は憤慨した。圭介の叔父・正吾がマヤと知り合い、その優しい気立てに、圭介の嫁にと思いこんだ。東京で、秋嶽が急病で倒れた。彼を慕う女易者康子が看護した。圭介は再び京子と見合した。みきの強制である。圭介がマヤの写真を持っていたので逆上したみきは、父急病の知らせで帰京したマヤのところへ怒鳴りこんだ。マヤは罪のない京子に同情し、彼女の味方になった。作戦をめぐらし、圭介を京子にひき会せようとする。しかし、圭介の代りに輝夫が現れたりして、二組の男女関係はますます混戦する。圭介は輝夫に関西転勤を命ぜられた。圭介はマヤから見離されたのか。ある酒場で、い合せた渡辺青年と大いに共鳴した。渡辺は女理髪師お千代に失恋したというのだ。が、圭介は酒の上のケンカの巻き添えを食って大ケガし、入院した。叔父、叔母、京子、マヤ、天野夫人らが見舞いに駆けつけた。いつの間にか、ベッドの上の繃帯姿は輝夫にすり代っていた。こんどは、彼ら二人が同盟したのだ。皆の誤解は解けた。--マヤと圭介は結ばれ、輝夫と京子が結ばれた。この二組の結婚式は同時に行われた。渡辺青年もむろんお千代と仲なおりしたのである。

作品データ

原題
One Step to Happiness
製作年
1958年
製作国
日本
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?