裸女と殺人迷路|MOVIE WALKER PRESS
MENU

裸女と殺人迷路

1959年1月22日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

川上茂・渡辺祐介の脚本を「人喰海女」の小野田嘉幹が監督した、犯罪映画。撮影は「隠密将軍と喧嘩大名 (前後篇)」の山中晋。音楽担当は江口浩司。「大東亜戦争と国際裁判」の和田桂之助、「爆笑王座征服」の三ツ矢歌子、他に「紅の翼」(日活)の清水将夫や、丹波哲郎・万里昌代らが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「殺人迷路」と呼ばれるネオンの点滅する城北新地--。ある日の払暁、浅川橋の近くに半裸の女性の射殺死体が浮いていた。捜査にあたった稲村刑事は、盛り場で挙動不審の中年男をみつけた。その男は十五年前に銀行破りをした前科者で、安斎といった。調査の結果、女殺しの容疑者は盛り場に巣喰う兄貴分の仙波と、ウスノロの小木曾で、捜査本部は直ちに盛り場を急襲したが、彼らはいなかった。その頃、百円ホテルの一室で安斎、仙波、小木曾にバーのマスター黒木の四人が、東京球場での野球試合の売上金強奪を計画していた。安斎はストリップ劇場のトランペット吹き矢代をたずねた。矢代は自分が刑務所で生れたのを知って、不良仲間に入ってしたこともあったが、今は真面目に生きようとしていた。安斎は矢代を刑務所で産湯を使わせてやったことがあり、それ以来我が子のように可愛がっていた。二人が話をしているのを、矢代を好きなストリッパーのユリが心配そうにみていた。矢代は安斎の手伝いを一度はことわったが、前科がバレてストリップ小屋を辞めさせられ、安斎の仲間に入った。売上金強奪の計画は黒木の失敗で駄目になり、黒木は仲間に殺された。二度目には成功し千数百万円の金を手に入れた。が、黒木の情婦寿美子の密告で安斎たちは盛り場に逃げ込んだ。が、一歩も外に出られなくなった。息苦しさに絶えかねた仙波や小木曾は外に飛び出して、次々に倒れた。矢代はユリの愛情に、今一度更生するために自首することにした。威嚇射撃に傷ついた矢代をユリはやさしく抱きとめた。人垣にまぎれて矢代の無事をみとどけていた安斎は、彼の現れるのを知って、張込んでいた稲村刑事に逃亡寸前に捕えられた。

作品データ

製作年
1959年
製作国
日本
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?