母のおもかげ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
母のおもかげ
母のおもかげ

母のおもかげ

1959年3月4日公開,89分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

外山凡平の脚本を、「母の旅路」の清水宏(1)が監督した母もの映画。撮影は「秘めたる一夜」の石田博。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

水上バスの運転手を父にもつ瀬川道夫は、母が死んでから父との二人暮しだが、可愛がっている伝書バトのデデもいるし、別に淋しいとも思わなかった。そのうち、道夫に新しいお母さんが出来ることになった。新しい母はエミ子という妹をつれてやってきた。家の中は急に賑やかになったし、母も道夫にやさしくしてくれたが、道夫は何だか変な気持だった。父のひざでエミ子が甘えていたりすると、以前のように、グローブが破れてもすぐに父のところに直してもらいに行けなくなった。それに父も変に道夫のことを叱ったりする。そんな時には、道夫は家の前の豆腐屋のおじさんの所に行って御飯をごちそうになったりした。エミ子が、母の作ったドーナツを自慢して、母のことをほめたりすると、前の母親の方がずっとよかったなどと思ったりもする。母のおくりもので、今は形見になってしまったハトのデデを見ると、胸が何だか痛いような気持ちになるのをどうしようもなかった。ある日、道夫が学校から帰ると、ハトのデデが巣箱の中からいなくなっていた。大切なデデを見つけるために、道夫は夢中で家を飛び出した。その晩、行方の解らなくなった道夫を探して、父や母、豆腐屋のおじさんたちは大騒ぎした。さいわいに道夫は警察の手によって無事に保護されていることが解った。道夫を迎えに、父は一人で出かけた。家への夜道で、父と二人だけで久しぶりに歩くのを道夫はよろこんだ。父と子は星空の下で話しながら歩いた。「お母ちゃんがこないほうがよかったと思っているんじゃないのか」という父の問に今は道夫は、「そんなこと思ってないよ」と、はっきり答えるのだった。

作品データ

製作年
1959年
製作国
日本
上映時間
89分
製作会社
大映東京

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?