まり子自叙伝 花咲く星座|MOVIE WALKER PRESS
MENU

まり子自叙伝 花咲く星座

1959年4月5日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

先頃芸術座で上演された菊田一夫作『まり子自叙伝』の映画化。「暗黒街の顔役」の共同執筆者・関沢新一が脚色し、「社長太平記」の松林宗恵が監督した。撮影は「サザエさんの結婚」の鈴木斌。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

まり子が小学校六年のとき、母が亡くなった。第二次大戦の始まるころのことだ。母の死後父の会社も戦時統制で思わしくなくなり、まり子は女学校へ入れて貰うため知合いの産婆の家に引きとられた。が、産婆の旦那さんが反対して女学校へは行けなかった。まり子は小学校の谷口先生と相談して、レコードの歌を歌う人になる決心をした。自信なんてなかったけれど、自分の道を決めるのは自分の決心一つや、という先生の言葉に励まされたからだ。まり子の初舞台には大阪花月劇場で、兄の寿雄が楽団に入りドラムを叩いてくれた。空襲が激しくなり、一家は大阪をあとに父の故郷九州に向った。まり子が歌い、兄がドラムを叩き、父が司会をする小劇団を編成し、町から村へと流して歩いた。そんな苦労を重ね、終戦の年には大阪朝日劇場に出演することができた。--まり子にも、忘れられない人がいた。その名は竹村信雄、二人の最初の出会いは大阪でまり子が子守りをしていたときだ。中学生の竹村が落した定期入を彼女が拾って後を追ったのがきっかけだった。再会は九州で彼女が巡業の一座に加わり、空襲で防空壕に飛びこんだときだ。竹村は「まりちゃんが大劇場に出たら大きな花束を持っていく」と言って別れた。--まり子は上京した。そして浅草の小劇場で歌っているところを新聞記者に発見され、やがてビクターレコードに吹込み出来るようにまでなった。さらに東京宝塚劇場からミュージカル「極楽島物語」出演の迎えがきた。初日、竹村は楽屋に来てくれた。が、彼がまり子に紹介したのは新妻だった。まり子は悲しくなり、舞台に出たくないと言った。だが父は言うのだ。「人間はどんなことがあっても自分に与えられたつとめだけは果さねばならない」。まり子は立ち上った。涙をいっぱいためながら精一杯の笑顔を浮べて。

作品データ

製作年
1959年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?