クライ・ベイビー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クライ・ベイビー

1991年7月20日公開,0分
  • 上映館を探す

カルト・ムービーの傑作「ピンク・フラミンゴ」で知られるジョン・ウォーターズが、監督したミュージカル・ラブ・コメディ。製作はレイチェル・タラレイ。エグゼクティブ・プロデューサーはジム・エイブラハムズとブライアン・グレイザー。撮影はデヴィッド・インスレー。音楽はパトリック・ウィリアムス。ミュージック・スーパー・バイザーは「フットルース」「フラッシュダンス」のベッキー・マンクーソと「ペギー・スーの結婚」のティム・セクストン。編集はジャニス・ハンプトン。主演は、「シザーハンズ」のジョニー・デップとこれが初主演となるエイミー・ロケイン。共演は、「初恋物語」のスーザン・ティレル、イギー・アンド・ストゥージスのリードヴォーカルをつとめるイギー・ポップ、「ヘアースプレー」のリッキー・レイク、ポルノ界の女王トレイシー・ローズなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1954年、ボルチモア。お金持ちグループ<スクエアズ>のお嬢様アリスン(エイミー・ロケイン)と、不良グループ<ドレイプス>の青年クライ・ベイビー(ジョニー・デップ)は、予防注射の席で恋に落ちた。アリスンのボーイフレンド、ボールドウィンとアリソン家のおばあさんは、二人を引き離そうと躍起になるがうまくいかない。そのうちダンス・パーティーの夜がやってきて、すっかりクライ・ベイビーに感化されたアリソンはロカビリーをデュエットで熱唱してしまう。怒った<スクエアズ>はパーティー会場に殴り込みをかけ、混乱の中、逮捕されたクライ・ベイビーは感化院へ送られた。その上、クライ・ベイビーの子供がお腹の中にいるというイカレた女の証言もあいまって、アリソンの心はクライ・ベイビーから離れそうになった。クライ・ベイビーは悲しみに打ちひしがれながら涙の滴のイレズミを彫った。<ドレイプス>はアリソンを誘拐し、おばあさんも味方に引き入れて、感化院へ直行。クライ・ベイビーの釈放を求めて塀の外からラブコールを送った。みんなの情熱にほだされた判事は、クライ・ベイビーを出所させる。<スクエアズ>対<ドレイプス>はチキン・ゲームで勝負をつけることになり、クライ・ベイビーは見事勝って涙を流すのだった。

作品データ

原題
Cry-Baby
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
ヘラルド
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • のな

    5
    2008/2/2

    ジョニデファンの皆様へ
    まず最初のシーンで絶対クラクラしちゃいますよ~ぜひご覧あれ。
    私はこのシーンだけ何度も
    見ちゃったりしてます。
    若かりしころのジョニ様がリーゼント
    ヘアに革ジャンでプレスリーを彷彿と
    させるスタイルで唄います。

    他のキャストもくせのある個性的な
    人だらけで笑わせてくれます。

    監督もカルトなジョン・ウォーターズ
    青春しているジョニ様ってカワイイ!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • LEE

    5
    2007/10/11

    コレはみて欲しい!!
    本人はあまり気に入っていないのかな?
    とも思うコメントを残しているように思うが、
    オールディーズ&ロケンロー!!の音楽達にに包まれ、
    やんちゃboyとお嬢様が恋に落ちる!
    というありふれていそうなストーリーにも関らず、最高な世界観!!
    監督の力は凄い☆
    リーゼント・キメキメ・ジョニーに
    バイクで迎えに来て欲しい。
    歌はクチパクであるものの、
    ジョニーは踊る!!
    ジョニーはギター弾く!!

    わおわお!!な作品。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告