どついたるねん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

どついたるねん

1989年11月11日公開,110分

ボクシングで再起不能となりながらもカムバツクに賭ける男の姿を描く。脚本・監督は「危ない話」(第一話)の脚本を手がけた阪本順治、撮影は同作(第三話)の笠松則通がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イーグル友田との試合で負傷し、再起不能となった元チャンピオン、安達英志は、所属のナショナルジムを飛び出して、自らのジムを設立した。ある日、英志のジムにふらりと中年男が現れた。男は左島牧雄という元ウェルター級の日本チャンピオンだった。英志は左島をコーチとして雇うが、ジムに集まった練習生たちは英志のあまりの横暴さに嫌気をさし、みな去ってしまう。結局、ジムを閉めることになった英志は、ナショナルジムに戻り、会長の鴨井とその娘・貴子、そして左島と共に現役カムバックへと向かっていった。そんな時、英志のカムバック戦の相手が決まった。ナショナルジムでの英志の後輩で今は原田ジムにいる清田だった。そして、遂に試合の日となり英志は再びリングに立った。ゴングが鳴り、清田と命賭けの死闘を繰り広げる英志。しかし、前の試合での負傷を背負っている英志にはやはり不利であった。そして、見兼ねた貴子がタオルを投げた瞬間、同時に英志のパンチが清田をダウンさせたのだった。

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
ムービーギャング
上映時間
110分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?