時が乱吹く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
時が乱吹く
時が乱吹く

時が乱吹く

1991年1月4日公開,64分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“歌・句・詩”をテーマに幻想的な世界をそれぞれ三つのオムニバスで描く映像詩歌。監督は「王国」の金井勝。撮影は細井靖明と永井弘義が共同でそれぞれ担当。(16ミリ)

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

〔短歌篇「夢走る」〕映画製作をおでん作りに絡めた後、場面は一転して江戸時代。おでんという名の娘に恋した隠居老が、若い飛脚に恋文を託す。 〔俳句篇「一本勝負のキリギリス」〕六つの部屋をカメラが移動するのに合わせ、その各部屋に先回りした金井監督自身が人生の折々を演じる。 〔詩篇「ジョーの詩が聴える」〕亡き親友・ジョーこと城之内元晴を思い出す金井。そんなとき霊界の郵便配達人によって届けられたジョーの魂は庭を駆け巡り、金井は“マダ、マダ”の詩を朗読してそれに応える。

作品データ

製作年
1991年
製作国
日本
上映時間
64分
製作会社
かない勝丸プロダクション

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?