黒猫の怨霊:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
黒猫の怨霊
黒猫の怨霊

黒猫の怨霊

1964年5月17日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ポーの同名小説をリチャード・マシスンが脚色、「古城の亡霊」のロジャー・コーマンが製作・演出したミステリー・ドラマ。撮影はフロイド・クロスビー、音楽はレス・バクスターが担当した。出演は「恐怖の振子」のヴィンセント・プライス、ピーター・ローレ、ジョイス・ジェームソン、レニー・ウェインリップなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

酒好きのモントレソー(ピーター・ローレ)は妻のアナベル(ジョイス・ジェームソン)と2人暮らしの気易さから、毎夜酒場で大酒を呑んでいた。ある夜、彼は利き酒の会場にまぎれ込み、その名人フォルチュナト(ヴィンセント・プライス)に挑戦、酔い潰れてしまった。一方、淋しさのあまり黒猫を溺愛していたアナベルは、夫を送って来てくれたフォルチュナトと深い仲になってしまった。それを夫モントレソーに見つかり、2人は殺害された上、地下室の壁にその死体を塗り込まれてしまった。数日後、2人の亡霊に悩まされ続けていた彼の前に、思いがけなく、警官が訪れた。アナベルのいなくなったのを、不審に思った隣人の届出で、調べに来たのだ。部屋中を捜索した警官は別に異状のないことを知って立ち去ろうとするが、その瞬間、壁の向う側で猫の鳴き声が聞えて来た。驚いた警官は壁が新しく塗りかえられているのに気づき、壁を叩き破った。2つの死体が転り出た。

作品データ

原題
The Black Cat
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
大蔵映画
上映時間
0分
製作会社
アメリカン・インターナショナル・フィルム映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?