喜多郎の十五少女漂流記:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
喜多郎の十五少女漂流記
喜多郎の十五少女漂流記

喜多郎の十五少女漂流記

1992年3月7日公開,122分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

無人島に取り残された15人の少女の冒険と友情を描いた青春映画。ジューヌ・ベルヌの『十五少年漂流記』をモチーフに、テレビドラマ『ADブギ』の遊川和彦が原作を執筆。脚本は「十五少女漂流記」脚本委員会。監督は本作がデビューとなるTBSディレクターの吉田健。撮影は「修羅の伝説」の佐々木原保志がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

交換留学生としてインドネシアを訪れていた15人の少女、千夏、未来、智美、利絵子、麻里子、玉恵、純、桜、桂、靖子、可奈子、水磨子、留里、優貴、綾。普通の観光コースに退屈した彼女らは、無人島へ冒険に出掛けるが迎えの船が沈没し、取り残されることになる。やがて千夏をリーダーに15人の少女は自分達で掟を作り、自活を始める。ところが千夏の強引なやり方に未来はついていけず、彼女はひとり暮らしをしてしまう。そんな中、重大事件が発覚。麻里子が妊娠していたのだ。そしてさらに追い打ちをかけるように千夏の妹、利絵子が海でおぼれて死んでしまう。深く落ち込む千夏。そんな彼女を慰めてくれたのは未来だった。自然がようやく千夏の心を癒そうとしていたが、そんな時、火事で家が焼けてしまい、動揺した麻里子が自殺しようとする。彼女らに辛い事件がどこまでも襲い掛かってくるのだった。だが、この事件をきっかけに千夏は立ち直り、少女達も生まれてくる新しい命のためにもう一度家を作ろうと、絶望の縁から立ち上がっていく。やがて麻里子が男の子を出産。少女達は生命の尊さを実感していく。ある日、利絵子の墓の前に立っていた千夏は海に船の姿を見つける。そしてようやく救助される少女達。そして彼女らは無人島を後に東京へと帰っていくのだった。

作品データ

製作年
1992年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
122分
製作会社
アミューズ=TBS提携作品(製作…TAG=SEDIC)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?