リトルツインズ ぼくらの夏が飛んでいく|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リトルツインズ ぼくらの夏が飛んでいく

1992年8月8日公開,25分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

森の中の湖に暮らすちいさな人たちのひと夏の思い出を描くアニメーション。脚本は「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ新生6大将軍」の武上純希、監督は劇場用映画初の山口頼房が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夏の終わり、川で水遊びしていた子供たちはいいことを思いついた。それは一晩だけいつもあそんでいる小屋に泊まろうというもので、両親には危ないことは決してしないと約束し、タフル、チフル、チタ、パフ、バブの5人が宝物を持ち寄り集まった。キャンプファイヤーでじゃがいもを焼き、おばけ話を始めた時、本物のお化けがみんなの前にあらわれる。勇気をふりしぼってタフルが水をかけるとお化けは退散してしまったが、実は心配で子供たちの様子を見に来たタフルとチフルの父さんトッテムだったのだ。まだまだ子供たちの楽しい時間は続いたが、そんな楽しい思い出も大風で小屋が飛ばされたのと同時に過ぎ去っていってしまう。しかし、子供たちは満足そうに「楽しい夏の思い出をありがとう」と叫ぶのだった。

作品データ

製作年
1992年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
25分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?