チャンス・コール:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
チャンス・コール
チャンス・コール

チャンス・コール

1995年7月3日公開,47分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ピンクサロンで働く女性と、そんな彼女に恋してしまう従業員青年との行き違いの愛を描いたドラマ。監督は日本映画学校出身の小沼雄一で、この作品において日本映画学校今村昌平賞を受賞している。「Made in 万福寺撮影所(日本映画学校)羽ばたけ、問題児たち」上映会にて公開された。16ミリ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ピンサロに勤めるりかは、今日もたくさんの男たちを相手に仕事に励んでいた。ところが、そんな彼女に店の従業員・厚が愛を告白する。郊外にデートした二人は、そこでいろんな話をして体を重ねた。しかし、初めての厚は早漏気味。りかを満足させてあげられないことに悩んでしまうのであった。そこで厚は店の女の子夫妻にセックスについて聞きに行き、りかにオルガズムを与えることに成功する。ところが、後にそれが演技であったことが判明してひどく落ち込んだ厚は、どうしてもりかを忘れられず、もう一度愛の告白を決行する。だが、厚は反対に「あなた、本気で人を好きになったことある?」とりかに問いかけられた。答えることの出来ない厚は、その場に佇むばかりだった。そんな厚を残して、りかは夕暮れの街の雑踏の中に消えて行った。

作品データ

製作年
1995年
製作国
日本
配給
日本映画学校=文芸坐
上映時間
47分
製作会社
日本映画学校作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?