遥かな時代の階段を:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
遥かな時代の階段を
遥かな時代の階段を

遥かな時代の階段を

1995年3月18日公開,101分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

94年に公開された「我が人生最悪の時」に続く、“私立探偵濱マイクシリーズ”の第2弾。監督は前作も手掛けている林海象。脚本は林と「アジアン・ビート アイ・ラブ・ニッポン」の天願大介の共同。主演はもちろん前作同様、永瀬正敏があたっている。日本探偵協会推薦。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

横浜・黄金町のとある映画館の二階に探偵・濱マイクの事務所はある。最近彼のところに来る依頼は、ペット探しなどの冴えないものばかりだった。そんな折、幼いマイクと茜の兄妹を捨てて姿をくらました母親・リリーが、ストリップ公演でこの町に戻って来たという噂をキャッチしたマイクは、茜に内緒で母親に会いに行く。母としての名乗りを茜にしたいと言うリリーにマイクは憤慨した。一方、町では“川”の利権を巡る抗争が勃発していた。川は警察もヤクザも手を出すことの出来ない“白い男”によって仕切られており、それを侵そうとする者はその一味によって消されてしまうのだった。そして、また犠牲者が出た。政治家を目指す神野の部下・松田の死体が川に浮かんだのである。犯人が分かっていながら証拠が掴めない伊勢佐木署の中山は、マイクを威して白い男とつながりのあると見られるスナックのママ・幸子を見張らせる。しかし、マイクによって白い男とのつながりが露見してしまった彼女は、溺死に見せかけられて殺されてしまった。マイクも命を狙われるが、マイクの本当の父親は白い男だとリリーから聞いた彼は、危険を顧みず、伝説の娼婦メリーに案内されて、白い男の潜むアジトへと乗り込んで行くのだった。真相を詰問するマイクに、白い男は言葉を濁す。二人の対決はロシアンルーレットで決着がつけられた。白い男は倒れ、アジトにはその部下・杉本の悲痛な叫び声がこだまするのであった。無事に帰還したマイクは、条件つきで茜とリリーのデートを許した。

作品データ

製作年
1995年
製作国
日本
配給
フォーライフレコード
上映時間
101分
製作会社
フォーライフレコード=映像探偵社作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?