映画 忍たま乱太郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU
映画 忍たま乱太郎
映画 忍たま乱太郎

映画 忍たま乱太郎

1996年6月29日公開,47分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

忍者のたまご、略して“忍たま”たちが、八方斎率いる極悪非道な組織に戦いを挑んでいく時代活劇アニメーション。原作は尼子騒兵衛の『落第忍者乱太郎』。総監督を「ドラえもん のび太と銀河超特急」の芝山努、監督をテレビ版の絵コンテを担当していた小林常夫、脚本をやはりテレビ・シリーズを手掛けていた浦沢義雄がそれぞれ担当している。“松竹アニメ映画大会”の中の1本。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

忍術学園の夏休み、学園長に頼まれて輸入した硝石を運ぶのを手伝っていたしんべヱと団蔵は、道中、極悪非道の稗田八方斎の攻撃を受け、硝石を盗まれてしまう。八方斎の後を追った団蔵をさらわれたと勘違いしたしんべヱは、忍術学園1年は組の仲間とともに八方斎の潜むドクタケの出城へと向かった。乱太郎、きり丸、しんべヱの三人組は、そこで八方斎が硝石を火薬として使うのではなく、中国の秘薬・軽身剤の材料に使うことを知った。軽身剤とは飲めば空を自在に飛ぶことができるという幻の薬で、もしそれが八方斎の手に落ちたら、日本はおろか、世界が彼らの支配下におかれることになる。なんとかして防ぎたい乱太郎たちだったが、八方斎につかまってしまい、軽身剤の人体実験に使われそうになってしまう。すんでのところで土井先生に助けられた乱太郎たちは、後から駆けつけた仲間と力を合わせてドクタケの出城を破壊、硝石を取り返した。八方斎は少し残った軽身剤を飲んで逃亡を試みるが、軽身剤の正体は実は強力な下剤で、激しい腹痛に襲われるのだった。

作品データ

製作年
1996年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
47分
製作会社
映画「忍たま乱太郎」製作委員会(アイアンドエス=エースピクチャーズ=システムD=松竹=スポニチテレビニュース社=西友=総合ビジョン=デジタルピクチャー=ナムコ=ポニーキャニオン=マルチボックス=リトルガレージ)作品(制作*総合ビジョン)

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?