男ともだち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

男ともだち

1994年1月10日公開,100分
  • 上映館を探す

恋人がいながら、初めての男が忘れられないヒロインの生き様を描くドラマ。「もう頬づえはつかない」の見延典子の同名原作(講談社・刊)をもとに、教育映画、産業映画などを手がけてきた山口巧が劇映画デビュー作として監督したもので、脚本は「KOYA 澄賢房覚え書」の高山由紀子、撮影は「きこぱたとん」の岡崎宏三が担当。主演は劇団「第三舞台」の筒井真理子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

都心の小さなギャラリーに勤める小田えりこには、井手高之という恋人がいるが、5年前、学生時代に出会った初めての男である魚住のことが今も忘れられずにいた。かつてえりこは魚住の心を試そうと妊娠したことがあったが、魚住はそれがきっかけでえりこから離れていったのだ。今、彼女はまた高之の子供を孕んでいたが、彼を愛していないと気づいたえりこは、心の整理をするために親友の佐久間美里とともに魚住の故郷・四国を訪ねる。魚住への思いは募るばかりだった。えりこは高之から、もう一人妊娠している彼女がいると知らされた。その彼女、柳葉基子は結局子供を堕ろしてしまうが、彼女とえりこの間には共生感が生まれてくる。ある日大学の同窓生・山根からえりこは魚住の消息を聞き、3年ぶりに魚住に出会う。魚住はえりこを優しく迎えてくれたが、妊娠を知った彼はえりこを受け入れてくれない。見捨てられたえりこは熱を出し寝込む。だが高之の熱心な看病に彼女は徐々に傷も心も癒えていった。そしてえりこは、一人で子供を産むことを決心するのだった。

作品データ

製作年
1994年
製作国
日本
配給
フィルム・クレッセント
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?