借王2|MOVIE WALKER PRESS
MENU

借王2

1997年10月11日公開,87分
  • 上映館を探す

借金に苦しむ3人組が、再び集結して手強い敵相手に詐欺を働くコメディ・シリーズの第2弾。監督は「借王」の和泉聖治と「不法滞在」の香月秀之の共同。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを、前作同様、松本功と旺季志ずかが共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一時しのぎではあるが、顧客の預金の使い込みが会社に露見せずに済んだ安斉の元に、二度と会わないと約束してあったはずの水沼が儲け話を持ってやってきた。クリーンなイメージで売っている代議士の吉川清太郎が、安斉の勤めるひかり銀行から、違法である導入預金で3億円を借りだし、選挙資金にあてているという。水沼の話は、次期首相との声もある吉川を脅して、その裏金3億円をいただこうというものだった。興味を抱いた安斉は、早速独自の調査を開始する。3億円は表向きは吉川の第一秘書の榊が横領を働いたということになっていたが、実はそれは吉川の第二秘書・三上と吉川の息子・春樹が書いた筋書きで、3億円は吉川の懐へそっくり入っていることが明らかになった。再び集結した安斉たち詐欺師トリオは、誠実に吉川に仕えていた榊を仲間に引き入れ、吉川が経営する山岸建設を騙し、10億円をゲットしようとする。ところが、その計画は成功寸前で三上によってバレてしまった。安斉たちの企みを知った三上は、復讐とばかりヤクザを使って水沼を偽札事件に陥れようとする。しかし安斉の機転により水沼は救われ、彼らはまたしても大金を手に入れて、見事な逆転劇を演じるのだった。

作品データ

製作年
1997年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?