飛行士の妻:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
飛行士の妻
飛行士の妻

飛行士の妻

1996年3月2日公開,107分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヌーヴェルバーグの指導的立場にあったエリック・ロメールが、80年代に向けて放った新しい連作シリーズ『喜劇と箴言集』の第1作。製作はロメールの“菱形映画社”でマルガレット・メネゴス。撮影はベルナール・リュティックがあたり、16ミリの撮影フィルムが公開用に35ミリにブローアップされている。同時録音による録音はジョルジュ・ブラ。編集は「モード家の一夜」以来組むセシル・デキュジス。音楽はジャン=ルイ・ヴァレロで、ラストシーンの挿入歌『パリは私を魅了した』を歌うのはアリエル・ドンバル。出演は当時パリ第三大学の学生だったフィリップ・マルロー、「緑の光線」のマリー・リヴィエールほか。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

法学部の学生フランソワ(フィリップ・マルロー)は東駅の郵便局で夜間のアルバイトをしている。彼は仕事帰りの早朝、年上の恋人アンヌ(マリー・リヴィエール)のアパートの前で彼女が元愛人であるパイロットのクリスチャン(マチュー・カリエール)と一緒なのを見てしまう。アンヌにしてみればずっと姿を消していた彼が朝の7時に突然現れて、妻とよりを戻すからと別れ話を切りだしたので面白くないのだが、フランソワには知る由もない。昼食時に職場の近くでアンヌを捕まえた彼は彼女と喧嘩になり、午後になってもイライラしてなにも手につかない。駅のカフェにいくと、そこにいたのがなんとクリスチャン。相手が女連れで出掛けるのを見て、フランソワは尾行を始める。途中のバスで彼はリュシー(アンヌ=マリー・ムーリ)と目が合う。クリスチャンはビュット=ショーモン公園でバスを下り、フランソワも慌てて後を追うが、リュシーも同じところで下車した。フランソワは道を聞くふりをしたのが縁でリュシーと知り合い、彼女は面白がって尾行に協力する。クリスチャンたちは公園を出て弁護士のアパルトマンを尋ね、フランソワとリュシーは表のカフェで待ち伏せする。途中で用事のあるリュシーは席を立つが、結果が知りたいからと彼に住所を教えていった。アンヌは気の落ちつかないまま家に帰って少し休息しようとするが、そこにフランソワが。アンヌはどうにもならない感情をフランソワにぶつけ、二人は長いあいだの口論の末に和解する。フランソワはアンヌに聞かれてリュシーのことは話したが、クリスチャンを見たことは話さなかった。いずれにせよ彼の妻だと思った女は妹で、弁護士を訪ねたのは離婚ではなく相続話のためだったようだ。夜の仕事にいく途中、彼はことの次第をリュシー宛の絵はがきに書く。行きがけに彼女の家に届けていこうとすると、なんとリュシーが彼の親友とキスしているではないか。彼は絵はがきを捨ててしまおうかと思うが、思いなおして切手を張り、ポストに投函する。

作品データ

原題
La Femme de l'aviateur
製作年
1980年
製作国
フランス
配給
シネセゾン
上映時間
107分
製作会社
レ・フィルム・デュ・ロサンジュ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?