バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記
バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記

バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記

1997年1月11日公開,99分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

セクシーでタフなヒロインが活躍する近未来アクション。監督はミュージック・ビデオの演出家出身であるデイヴィッド・ホーガン。製作は「マスク」「タイムコップ」のマイク・リチャードソンほか。製作総指揮はピーター・ヘラー。脚本は原案のイレーヌ・チェイケン自身と、チャック・ファーラー。撮影はリック・ボタ。音楽は「黒豹のバラード」のミシェル・コロンビエ。音楽監修はバークリー・K・グリッグス。美術はジャン・フィリップ・カープ。編集はピーター・シンク。衣装はロザンナ・ノートン。出演は『プレイボーイ』誌の表紙を史上最多の6回も飾った「硝子のバラ」のパメラ・アンダーソン・リー、「D.N.A」のテムエラ・モリソン、「ジム・キャリーはMrダマー」のヴィクトリア・ロウエル、「奇跡の海」のウド・キアー、スティーヴン・レイルズバックほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦2017年、第2次南北戦争下のアメリカ。クラブのオーナーであり賞金稼ぎでもあるバーブ・ワイヤー(パメラ・アンダーソン・リー)は、指令により誘拐された少女を助けだした。その頃、悪徳大佐プライザー(スティーヴン・レイルズバック)は、コーラD(ヴィクトリア・ロウエル)とアクセル(テムエラ・モリソン)がもらうことになっている網膜レンズを手に入れるために、二人を追っていた。彼らはバーブに助けを求める。バーブは元恋人であったアクセルを無視するが、彼女の弟チャーリー(ジャック・ノーズワーシー)がレジスタンスに引き合わせる。やがてプライザーはバーブの店を無茶苦茶にする。現在、網膜レンズはチャーリーが持っていた。プライザーはチャーリーを殺し、バーブを罠にはめようとする。バーブの怒りは頂点に達し、プライザー一味を全滅させてしまう。

作品データ

原題
Barb Wire
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
99分
製作会社
プロパガンダ・フィルムズ=ダークホース・エンターテインメント作品(ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント提供)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?