バッド・デイズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バッド・デイズ

1997年11月1日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロサンゼルスを巻き込だ新旧のギャングたちの抗争を描いた本格的なフィルム・ノワール。ジャン=ピエール・メルビル監督の55年作品「賭博師ボブ」を現代風にアレンジした。監督は「湖畔のひと月」のジョン・アーヴィン。製作は「ストーリービル」のエヴゼン・コーラー。脚本はTVシリーズの脚本家として知られるケン・ソラーツ(製作も)。製作総指揮はバー・ポッター。撮影は「トイ・ソルジャー」のトーマス・バースティン。音楽は「ハーモニー」のスティーヴン・エンデルマン、美術はマイケル・ノヴォトニー。編集はマーク・コンテ。衣裳はエデュアルド・カストロ。主演は「レザボアドッグス」「真夏の出来事」のハーヴェイ・カイテル。共演は「スペース・トラッカー」のスティーヴン・ドーフ、「ビューティフル・ガールズ」のティモシー・ハットン、『ロード・オブ・イリュージョン』(V)のファムケ・ヤンセンほか。なお、エリオット・グールドがノンクレジットで出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

引退を考えているロサンゼルスの三流ギャング、リー・イーガン(ティモシー・ハットン)は最後の仕事に宝石強盗を計画した。リーは兄のロイ(ハーヴェイ・カイテル)に助太刀を頼んだ。ロイはその筋で知られたプロのギャングだ。その他、妻子持ちのホーレイ(ウェイド・ドミンゲス)とスキップ(スティーブン・ドーフ)という二人の若者が集められた。周到な計画で襲撃は成功し、2300万ドル相当の宝石を手に入れたが、独り占めを目論んだスキップはリーとホーレイを射殺した。スキップはチャイニーズマフィアや黒人ギャングを結託してロイの抹殺を画策する。チャイニーズマフィアに襲われたロイは虫の息でホーレイの未亡人レイチェル(ファムケ・ヤンセン)の家に転がり込んだ。奇蹟的に回復したロイはレイチェルの協力でスキップに渡すはずの宝石の代金を巻上げるが、スキップにレイチェルを拉致される。ロイはスキップを射殺し、レイチェルを救い出すが、そのまま息を引き取るのだった。

作品データ

原題
City of Industry
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ配給(タキコーポレーション提供)
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?