モハメド・アリ かけがえのない日々|MOVIE WALKER PRESS
MENU

モハメド・アリ かけがえのない日々

1997年11月15日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1974年10月30日、スポーツ史上名高い、“キンシャサの奇跡”の体現者、モハメド・アリの姿を追ったドキュメンタリー。監督はレオン・ギャストで、30万フィートに及ぶフィルムを、財政上の困難を乗り越え、20年以上にわたって現像・編集活動を続け、ようやく本作を完成させた。製作総指揮はデイヴィッド・ソネンバーグ。製作はギャストと、「黙秘」の監督テイラー・ハックフォード。撮影はマリス・アルベルティ、ポール・ゴールドスミス、ケヴィン・キーティング、アルバート・メイスルズ、ロデリック・ヤングの共同、音楽監修はスコット・マクラッケン。試合の対戦者で当時世界最強だったジョージ・フォアマン、敏腕プロモーターのドン・キングなどが顔を見せ、小説家のノーマン・メイラー、スパイク・リーらがコメントを寄せている。また、ボクシングと共に興行されたコンサートに出演したジェームズ・ブラウンなど、豪華ミュージシャンの演奏も聞きもの。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

作品データ

原題
When We Were Kings
製作年
1996年
製作国
アメリカ
配給
アスミック
上映時間
88分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?