機関車先生(1997)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

機関車先生(1997)

1997年3月15日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦争の傷跡を残す瀬戸内海の離島に赴任してきた、口をきくことができない先生と、島の人たちの温かい心の交流を描いたアニメーション。監督はテレビ・アニメ『家なき子レミ』の楠葉宏三。第7回柴田錬三郎賞を受賞した伊集院静による同名小説を、「LEVEL」の福田卓郎が脚色した。声の出演に「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」の安達祐実ほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和30年代の瀬戸内海・葉名島の水見色小学校に、遠く北海道から臨時の先生が赴任してきた。先生の名前は吉岡誠吾。彼は幼い頃の病気のせいで話ができず、7人の生徒たちは、そんな彼に「口をきかん」からと、機関車先生とあだ名をつけ、うちとけていく。島の経済は戦後の不景気の煽りを喰って、苦しい状況にあった。級長の妙子の一家が網元・美作重太郎の借金から島を出ていくことになり、ガキ大将の修平の父親も、少しでも借金を返そうと無理をして漁に出た東シナ海で遭難死する。厳しい現実に打ちのめされていく子供たちに、誠吾は愛情をもって接していった。ところが、美作のところの素平が仕掛けた喧嘩に手を出さず、やられっぱなしだった誠吾の姿を見て、生徒たちは先生に対する信頼感をなくしてしまう。だが夏休みに広島の浦津で行われた剣道大会で、修平たちは小学生の部に出場。誠吾も青年の部に出場し、強敵を破って優勝したことで子供たちや美作らの信用を取り戻した。しかしその後、佐古校長のもとに正規の新任教師が決まったとの連絡が入る。子供たちや島の人たちは機関車先生にいて欲しいと頼むが、誠吾は新しい先生の気持ちをおもんぱかり、故郷へ帰っていった。別れ際、修平は亡くなった父親と約束していた、大樹にひっかかった帽子を取ることに成功し、それを機関車先生に見せるのであった。

作品データ

製作年
1997年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?