ちんなねえ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ちんなねえ

1997年12月20日公開,43分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

海外でも評価の高い麿赤兒と大駱駝艦の舞台『トナリは何をする人ぞ』をフィーチャーした異色のアート・ドキュメンタリー。監督は「CAT'S EYE」の林海象。撮影を同じく「CAT'S EYE」の長田勇市が担当している。タイトルの「ちんなねえ」とは、高知県の方言でおかしいねえという意味。16ミリ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高知県赤岡町、髭を剃ってもらうために散髪屋に入った探偵は、顔にタオルを掛けられた瞬間、ちんな世界に迷い込んでしまう。絵師の金蔵の絵が飾られた美術館をさまよい歩いていた探偵は、そこで赤い布をひきずる美女や、麿赤兒と大駱駝艦の能舞台『トナリは何をする人ぞ』を目撃した。さらに、美女の残した赤い布を辿って行くと、古い屋敷へと辿り着く。だが、そこで探偵を待っていたのは美女ではなく、絵金だった。赤い布は絵金の褌だったのである。探偵は絵金と楽しく酒を酌み交わすが、そこでふと目を覚ました。彼は「ちんなねえ」と小さく呟く。

作品データ

原題
Born To Be Baby
製作年
1997年
製作国
日本
配給
BOX OFFICE
上映時間
43分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?