ウィッシュマスター:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ウィッシュマスター
ウィッシュマスター

ウィッシュマスター

1998年7月18日公開,90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人々の願いごとをかなえるたびに力を蓄える邪悪の化身ジンと彼を現代に甦らせた女性の戦いを描いたホラー。監督は「メン・イン・ブラック」「スポーン」など特殊メイクアーティストとして鳴らすロバート・カーツマンで、劇映画長編監督デビューとなる本作でも彼が指揮するKNB EFXグループが特殊メイクおよびSFXを担当(監修はトーマス・C・レイナン)。脚本は「ヘルレイザー4」のピーター・アトキンス。製作総指揮は「スクリーム」のウエス・クレイヴン。製作は「スキャナーズ」「ヘルレイザー4」のピーター・デイヴィッドと、クラーク・ピーターソン、ノエル・A・ゼイニッシュ。撮影はジャック・ヘイトキン。美術はデボラ・レイモンドとドリアン・ヴェルナッキオ。編集はデイヴィッド・ハンドマン。衣裳はカリン・ワグナー。出演は「マッド・シティ」のタミー・ローレン、「エアフォース・ワン」のアンドリュー・ディヴォフほか、「マングラー」「エルム街の悪夢」シリーズのロバート・イングランドはじめ、「13日の金曜日」シリーズのケイン・ホッダー(ジェイソン役)、「キャンディマン1、2」のトニー・トッド、「ファンタズム」のレジー・バニスターとアンガス・スクリム(ナレーターとして)など、コアなホラー映画ファンにはなじみの俳優がカメオ出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

現代、アメリカ。古美術収集家のボーモント(ロバート・イングランド)が輸入した古代ペルシャのアフラマズダ神像が港に荷下ろし中、酒に酔ったクレーン担当者のミスで落下。作業員のひとりは像の中から深紅の宝石を見つけ、こっそり盗んだ。宝石鑑定士のアレックス(タミー・ローレン)は巡り合わせでその石を鑑定することになり、息を吹きかけた。その瞬間、魔術師によって宝石の中に封じ込められていた邪悪の化身ジンが復活。この世ではナサニエル・デメレスト(アンドリュー・ディヴォフ)と名乗り、人々の願いごとをかなえることで相手の魂をとりあげて力を蓄えるジンは、現世を支配するため自分を復活させたアレックスに3つの願いごとをさせようともくろむ。まんまとジンの罠にはまり、二つ目の願いごとまでさせられたアレックスだが、追い詰められた彼女は一計を案じ、時間を像が破壊される以前に戻すようにと三つ目の願いごとをして、ジンを再び宝石の中に封じ込めた。

作品データ

原題
Wishmaster
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
パイオニアLDC
上映時間
90分
製作会社
ピーター・デイヴィッド・プロ作品(ウェス・クレイヴン提供)

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?