マイ・スウィート・シェフィールド:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
マイ・スウィート・シェフィールド
マイ・スウィート・シェフィールド

マイ・スウィート・シェフィールド

1998年12月23日公開,92分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

鉄塔のペンキ塗りに体を張る労働者たちの人間模様をハートフルに描いたドラマ。監督は新鋭のサム・ミラーで本作が劇映画長編デビュー作。脚本は「フル・モンティ」のサイモン・ボーフォイで、製作は後になったが本作が彼のデビュー作にあたる。製作はスティーヴン・ガーレット。撮影はウィトルド・ストック。音楽はティム・アタック。美術はルアナ・ハンソン。編集は「リチャード3世」のポール・グリーンとエレン・ピアース・ルイス。衣裳はステファニー・コリー。出演は「クライム タイム」のピート・ポスルスウェイト、「革命の子供たち」のレイチェル・グリフィス、舞台版の『ブラス!』などに出演した新星ジェームズ・ソーントンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北イングランド、シェフィールド。失業者のレイ(ピート・ポスルスウェイト)はやっとのことで見つけた仕事は鉄塔のペンキ塗り。3カ月間で全長24キロにも及ぶ鉄塔群を塗りあげるというハードな大仕事だ。相棒の若いスティーヴン(ジェームズ・ソーントン)以下、貧しくとも口は減らない陽気な古強者のチームに、オーストラリアからやってきたクライマーの女性ジェリー(レイチェル・グリフィス)が加わった。いつしかレイとジュリーは愛し合うようになり、二人は結婚の約束をするが、相棒のスティーヴンもジェリー自身も不安な気持ちは隠せない。そんな矢先、ジェリーは鉄塔での作業中の悪ふざけをレイに叱られて大ゲンカ。別れてしまう二人だが、ようやく仕事は大詰めに。かくして彼らは苦難を乗り越え、なんとか大仕事をやりとげるのであった。

作品データ

原題
Among Giants
製作年
1998年
製作国
イギリス
配給
シネカノン
上映時間
92分
製作会社
クードーズ・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?