ジョー・ブラックをよろしく|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジョー・ブラックをよろしく

1998年12月19日公開,181分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

死神と人間の女性が紡ぎ出すファンタスティックなラヴストーリー。監督・製作は「セント・オブ・ウーマン夢の香り」のマーティン・ブレスト。脚本は「フリントストーン」のロン・オズボーンとジェフ・レノ、「ジュニア」のケビン・ウェイド、「訣別の街」のボー・ゴールドマン。撮影は「大いなる遺産」のエマニュエル・ルベズキ。音楽は「モンタナの風に抱かれて」のトーマス・ニューマン。美術は「カジノ」のダンテ・フェレッティ。編集はジョー・ハッシングとマイケル・トロニック。衣裳は「フェイク」のオード=ブロンソン・ハワードとデイヴィッド・ロビンソン。出演は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピット、「バスキア」のクレア・フォラーニ、「マスク・オブ・ゾロ」のアンソニー・ホプキンス他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大富豪パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)のもとに突如客がやって来た。ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)と名乗る彼、実はパリッシュを迎えに来た死神で、ついでにパリッシュを案内人にして人間の世界を見に来たのだった。娘のスーザン(クレア・フォラーニ)は彼の姿を一目見るなり驚く。ジョーは街で意気投合した青年にそっくりだったからだ。それもそのはずジョーは死んだその青年の肉体を借りてこの世界に降りてきたのだ。その後二人は徐々に愛を深めていく。人間の恋愛を知ったジョーは彼女をあの世に連れて行きたいと葛藤する。苦悩の末ジョーはパリッシュとこの世を後にする。そして彼らと入れ替わりにスーザンと意気投合した青年が彼女の前に姿を現すのだった。

作品データ

原題
Meet Joe Black
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
181分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/8/29

    古来「死神」をテーマにした映画は多いが、その多くが美男(現代風に言えばイケメンか)。これは最期、死ぬとき位、美男に連れて行ってもらいたいという願望か。
    この映画でも当然「死神」ブラピは美しいが、お相手役のクレア・フォラーニも美しい。こんな美女が愛してくれるんだったら、男としては本望か。
    そして名優アンソニー・ホプキンス、このホプキンスにブラピが一歩も引かないところが良い。まさにスリリングな会話が楽しめる。ホプキンスは「羊たちの沈黙」で名を馳せたが、本来器用な役者で、「世界最速のインディアン」では老ライダーを描いて秀逸。本当に何でもできるヒトです。
    さて、作品としては、人間界を外から見ようという意図で描かれた「死神の視点」。その苦悩と父と娘の別離の苦悩が描かれていて、それなりに重いです。しかし最後は一応ハッピーで後味は悪くなく、お薦めです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告