恋と胃袋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恋と胃袋

1934年公開,0分
  • 上映館を探す

「唄へ!踊れ!(1933)」「響け応援歌」のビング・クロスビーが主演する映画で、「心の青空」「マタ・ハリ」と同じくベンジャミン・グレイザーが書き下ろし、「ボレロ」のホレース・ジャックソンと「ヒョットコ夫妻」のフランシス・マーティン、「ラジオは笑う」のジョージ・マリオン・ジュニアが共同脚色し、「坊やはお休み」「頓珍漢大勝利」のノーマン・タウログが監督にあたり、「ゆりかごの唄」「恋の手ほどき(1933)」のチャールズ・ラングが撮影した。助演者は「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロンバード、「ヒョットコ6人組」のジョージ・バーンズ及びグレイシー・アレン、短編に出演していた流行歌手エセル・マーマン、「脱線泥棒」のレオン・エロール等である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ドリス・ワーシントンはヒューバート伯父さん等一同と、伯父さんのヨットで航海に出掛けた。ドリスは5000万ドルの遺産を持っていて、2人の貴族が彼女を追いかけていたが、ドリスは伯父のヨットの水夫スティングが好きだった。ある日、ヨットが難破した。運良く伯父さんと伯父さんの恋人のエディス、それにドリスとスティングと彼の熊とがある孤島に上陸した。その島で水夫のくせにスティングが一行の采配を振ることとなった。この島にジョージとグレイシイという夫婦が来ていた。ドリスは単身島をたんけんしているとき彼らに会い、彼らが動物採集に来ていることを知った。大学教育を受けた建築家のスティングはドリスが嫌いではなかったが、負けぬ気の男で金を目当ての結婚と思われることを心配していた。満月の夜、ドリスとスティングが語ったとき彼女は金持ち娘の気儘からスティングのかたくなな気持ちを軽蔑し、スティングも彼女を軽蔑したので喧嘩別れになってしまった。そのうちに救助船が2隻来た。ドリスの一行はニューヨーク行きの客船に乗ったが、スティングは貨物船を選んだ。ところが船長に呼ばれて甲板に行ってみると、そこにドリスが来ていて、スティングに自分の勝手な我儘を詫びたので、スティングは喜んで彼女を迎えたのである。

作品データ

原題
We're Not Dressing
製作年
1934年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?