ぼくのバラ色の人生:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ぼくのバラ色の人生
ぼくのバラ色の人生

ぼくのバラ色の人生

1998年11月7日公開、88分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

女の子になることを夢見る少年の姿を描いたハートフル・ロマン。監督は本作でデビューしたベルギーの新鋭アラン・ベルリネールで、脚本は彼とクリス・ヴァン・デル・スタッペン。撮影はイヴ・カープ。音楽はドミニク・ダルカン。出演は新人ジョルジュ・デ・フレネ、「王妃マルゴ」のジャン=フィリップ・エコフェ、「だれも私を愛さない!」のミシェール・ラロックほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

7歳の男の子リュドヴィックことリュド(ジョルジュ・デ・フレネ)の夢は女の子になること。スカートをはいてお人形さんで遊び、いつか好きな男の子と結婚するのだ。そんな無邪気なリュドだが、周囲は奇異な目で見つめ、やがて拒絶するようになる。しかし、ピエール(ジャン=フィリップ・エコフェ)とアンナ(ミシェール・ラロック)の両親だけは、そんなわが子の理解につとめ、世間の冷たい目から守り抜こうとするのだった。

作品データ

原題
Ma vie en rose
製作年
1998年
製作国
フランス
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
88分
製作会社
フート・エ・コート=WFE=フリーウェイ・フィルムズ=CAB=ラ・セット・シネマ=RTBF=TF1フィルムズ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?