レインメーカー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
レインメーカー
レインメーカー

レインメーカー

1998年6月27日公開,135分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化。ナレーションの執筆はマイケル・ハー。製作は「ゲーム」(主演)「フェイス/オフ」(製作)のマイケル・ダグラスと、スティーヴン・ルーサー、フレッド・ファーカス。撮影のジョン・トール、編集のバリー・マルキン、衣裳のアギー・ジェラード・ロジャースは「ジャック」に続いてコッポラと組んだ。音楽は「大脱走」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などのベテラン、エルマー・バーンスタイン。美術は「ロング・キス・グッドナイト」のハワード・カミングス。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のマット・デイモン。共演は「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズ、「アナコンダ」のジョン・ヴォイト、「マーズ・アタック!」のダニー・デヴィート、「ダブルチーム」のミッキー・ローク、「リーサルウェポン3」のダニー・グローヴァー、「のら猫の日記」のメアリー・ケイ・プレイス、「ミニヴァー夫人」「ある日どこかで」の老女優テレサ・ライト、「キャンディマン」のヴァージニア・マドセン、「蜘蛛女」のロイ・シャイダーなど、多彩な布陣。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

弁護士志望の青年ルーディ・ベイラー(マット・デイモン)は苦労の末、悪徳弁護士のブルーザー・ストーン(ミッキー・ローク)に雇われた。相棒のデック(ダニー・デヴィート)は、病院に通いつめて交通事故の被害者から委任状をとりつけるという強引なやり口など、法律の実態をルーディに教える。彼の初仕事は、白血病の息子ダニー・レイ(ジョニー・ウィットワース)に対し、支払いを拒否している悪徳保険会社グレート・ベネフィット社をその母ドット・ブラック(メアリー・ケイ・プレイス)を原告に据えて訴えること。司法試験に合格したルーディだが、その矢先、雇い主のブルーザーは悪行が摘発されて雲隠れ。デックはルーディに独立しようと持ちかけ、ふたりは小さい事務所を構えた。そんな折り、ダニーは世を去った。訴訟棄却の審問会の日。ルーディは会社側の弁護士、老練なドラモンド(ジョン・ヴォイト)の立ち会いで宣誓し、晴れて弁護士になる。示談を狙う会社側だが、人権派のタイロン・キプラー(ダニー・グローヴァー)が担当判事となり、事態は好転、裁判が始まる。だが初めての法廷だけにルーディは苦戦。そんな彼を支えるのは頼りになるデックと、夫の暴力を耐え忍ぶケリー・ライカー(クレア・デーンズ)の存在だった。ケリーはルーディの説得で離婚を決意、彼女の夫はふたりを襲うが逆に倒され、とどめをさしたケリーは拘留される。裁判は佳境に入る。デックは会社が隠していた証人のジャッキー・レマンジック(ヴァージニア・マドセン)を探し出し、会社の支払い拒否の実態を明るみにするが、ドラモンドの逆襲で振り出しに。だが、最後に社長のキリー(ロイ・シャイダー)が証人席に呼び立てられた時、デックが雲隠れ中のブルーザーから仕入れた作戦が効を奏して、ルーディらは形勢逆転。陪審員は会社に有罪と多額の賠償金の支払いを宣告した。結局、社は直後に破産申告、賠償金は支払われなかったが、裁判には勝ったのだ。ルーディは司法関係の教育者になろうと進路変更を決め、正当防衛が認められて釈放されたケリーと新たな人生を迎えるのだった。

作品データ

原題
The Rainmaker
製作年
1997年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
上映時間
135分
製作会社
ダグラス-ルーサー・プロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?