風の歌が聴きたい|MOVIE WALKER PRESS
MENU

風の歌が聴きたい

1998年7月18日公開,161分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

聴覚障害という“個性”を持つカップルが、様々な困難を乗り越えて絆を深めていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「SADA」の大林宣彦。脚本は、実在の聴覚障害を抱える夫婦をモデルに、「三毛猫ホームズの推理」の中岡京平と「旅の涯て」の内藤忠司と大林が共同執筆。撮影を「SADA」の坂本典隆が担当している。主演は「DOORIII」の天宮良と「あした」の中江有里。文部省選定、厚生省推薦、中央児童福祉審議会特別推薦、第10回東京国際映画祭特別招待作品。

映像の魔術師・大林宣彦の世界【『海辺の映画館-キネマの玉手箱』特集】

映像の魔術師・大林宣彦の魅力に迫る PR

余命3か月を宣告されながらも、故郷である尾道を舞台にした超大作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』を完成させ、今年4月10日に82年の生涯に幕を下ろした大林宣彦監督。本特集では大林監督が手掛けた作品群から、その平和へのメッセージを解き明かす。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃の病気が原因で聴覚障害という“個性”を持つようになった高森昌宏(天宮良)は、今、宮古島で開催されるトライアスロンに参加すべく、スタートの時間を待っていた。一方、昌宏の妻で同じく聴覚障害という“個性”を持つ奈美子(中江有里)は、産婦人科のベッドの中で出産の瞬間を迎えようとしていた。そんなふたりが知り合ったのは、中学2年生の時だった……。福島県郡山市に的屋の息子として生まれ育った昌宏は、全国の聾学校に手紙を出し、文通相手を募っていた。そして、その相手として白羽の矢(?)が立ったのが、北海道函館市に暮らす奈美子だったのである。しかし、ロックが好きでジェームズ・ディーンに憧れる昌宏と、物静かで絵画が好きな奈美子とは、趣味も性格も正反対。程なくして、文通は途切れがちになってしまう。そんなふたりが本格的に交際を再開したのは、高校生になった時だった。北海道へ奈美子を訪ねていった昌宏は、大沼公園でデート。手話で様々なことを話していくうち、いつしか互いのことを男と女として意識するようになる。やがて、高校を卒業した昌宏は大手自動車会社に就職し、東京近郊の工場に配属された。彼が聴覚障害者のトライアスロン同好会“東京パワーズ”に入会するのも、その頃だった。一方、奈美子は札幌のデザイン学校に入学し、その才能を開花させていたが、就職活動はうまくいかずにいた。不安な毎日を送るうち、奈美子の中で昌宏という存在が大きくなっていき、遂に奈美子は両親に黙って昌宏のいる東京へと旅立ってしまう。そしてふたりは同棲を始め、やがて結婚する。その後、昌宏のトライアスロン熱が過熱してゆく中、奈美子もトライアスロンに挑戦。聴覚障害者であること、更にトライアスロンという世界を共有することによって、ふたりは愛を深めてゆくのだった。そして、その愛の結晶ともいえる子供がいよいよ誕生するのだ。宮古島でのトライアスロンを立派に完走し、函館の病院に駆けつけた昌宏は、我が子の誕生に立ち会い、これからの人生を3人で手を取り合って生きていくことを固く誓うのだった。

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
ザナドゥー
上映時間
161分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?