中国の鳥人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

中国の鳥人

1998年6月6日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

商社マンとヤクザのふたりが、中国・雲南省の奥地、鳥人伝説の残る少数民族の村で自分を見つめ直していく姿をとらえたヒューマン・コメディ。監督は「極道黒社会 RAINY DOG」の三池崇史。椎名誠による同名小説を、「岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇」のNAKA雅MURAが脚色。撮影を「蘇える金狼」の山本英夫が担当している。主演は「トキワ荘の青春」の本木雅弘と「現代任侠伝」の石橋蓮司。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第10位

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

商社に勤めるサラリーマンの和田は、入院した同僚に代わって専門外の翡翠の輸入契約の為に、中国の雲南省へ出張することになった。ところが、現地の案内人である沈に会えて一安心したのも束の間、なんと会社に貸しがあるというヤクザ・氏家が現れ、無理矢理同行を迫ってきた。彼は翡翠鉱脈の取引を見張りに来たのだ。こうして、ミャンマーとの国境近くにある少数民族の村への3人の旅が始まった。長い道のりは悪路続き、徒歩での山越えや突然の嵐、亀に引かれる筏下りが3人を待ち受けていた。しかも、幻覚を起こすキノコを食べて大騒ぎしたお陰で、沈が記憶喪失になってしまう。それでも、3人はなんとか目的の村へ到着することが出来る。若い村人は文明の使者である3人を歓待してくれるが、長老は渋い顔をしていた。次の日、和田と氏家は飛ぶことを学ぶ鳥人学校なるものを発見する。子供たちに飛び方を教えているのは、イギリス人を祖父に持つ美少女・燕。彼女は祖父の遺言で、鳥人学校を引き継いだのだという。しかし、彼女自身もまだ飛んだことがないらしい。仕事をこなす一方で、そんな鳥人学校に興味を持つようになった和田は、燕が歌うスコットランド民謡と祖父が英訳していた伝説を翻訳するうち、彼女に心惹かれていく。また、氏家も自然豊かな村に暮らす人々に興味を持ち始めていた。そんな中、逃げ出していた筏の動力である亀たちがつかまり、沈の記憶も戻った。3人が村を離れる日が近づいていた。ところが出発前夜、氏家が亀を叩き殺してしまったのである。すっかりこの村を溺愛するようになっていた彼は、文明を村に入れさせないようにしたのだ。半ば狂ったような氏家を残し、村を出ようとする和田たち。しかし、すんでのところで氏家に捕らえられてしまう。和田は文明でこの村を汚すようなことはしないと約束、村人の信頼を得る為に鳥人になって飛んで見せようと氏家に提案する。そして、和田と氏家は羽根をつけて飛ぼうとするが、失敗に終わってしまうのであった--。それから30年、東京の和田の元に、村の開発アドバイザーをしている氏家からの手紙が届く。

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
シネマ・ドゥ・シネマ=セディックインターナショナル配給(配給協力*東京テアトル)
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0
  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2009/10/7

     最後のワン・シーンが作品のすべてを台無しにしてしまうことがある。本作品がその例である。超絶的にせり立った岩山を遠く下から眺めるカメラ、その塔の如く聳える岩山の周りを「鳥人」たちが飛んでいる。正に「とんでる」シーンではある。しかし、このファンタジー的な最後のワン・シーンが作品のすべてを台無しにしてしまった。これによって、それまで現実と虚構の間を彷徨っていた本作品は、完全にメルヘン的虚構の世界に足を踏み入れてしまうことになり、本作品が持っていた現実的メッセージ性がこのために吹き飛んでしまったのである。

     その現実的メッセージ性とは、何か。それは、つまり、ネオ・経済リベラリズムの顔を持つグロバリゼーションの波に対抗して、どこまでグローバル化されていない「地上の楽園」を守ることが出来るのかという、極めて今日的なテーマである。そして、この問題性は、その問題性のレベルを変えてみると、実は、我々の身近にある問題、所謂「開発」か自然保護か、都市開発か歴史的町並み保存かという、既に何十年も前に衝きつけられていた問題につながるものでもある。

     この問題についての議論を、この映画では比較的ラストの方で、本作品の主人公たる、商社マンとヤクザが繰り広げる。商社マンがこの中国は雲南省の奥地で見つけた鉱石を日本に持ち帰れば、それで、鉱石採掘の手がこの地にも入る。こうして、この自然の地に「腐った文明」が侵入し、これに冒されていない「最後の砦」が陥落する。「人間の浅ましさ」を知っている、ヤクザの氏家(この役を的確にこなした俳優石橋蓮司に拍手喝采!)は、この「砦」を守ろうとするのである。本来は反社会的であるヤクザがグロバリゼーションの波に対抗してこの「地上の楽園」を守ろうとする、その連関性のギャップが秀逸な、プロットの滑稽さを作り出す。

     それまでのストーリーの流れ、とりわけ、商社マンとヤクザとの人間的な交流、更に際どいエスニック・タッチと多少キッチュな、黄色のカラーを被せたカメラ撮影が相まって、三池監督にしては中々のコメディーをじっくり撮っていると思われたが、例の、主人公二人のグローバル化議論の後は、商社マン一人の独白となり、あっという間に三十年の月日の流れが語られ、そして、あのラスト・シーンとなるのである。恐らくは、椎名誠の同名の小説の、ストーリーの破綻であろうとも思われる。

    最後に、俳優マコ岩松演じるところの中国人通訳の、日中戦争時代にでも覚えたのでもあろう、軍隊用語と敬語のグチャグチャに混じった、しかも色々な言語レベルの混入した奇妙奇天烈な「日本語」には、笑えたことをここに記しておきたい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告