ヤマトナデシコ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヤマトナデシコ

1998年2月28日公開,58分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

男に泣き言を言われずに別れようとする女に振り回される男たちの、悲喜こもごもを描いたコメディ。監督・脚本は、「恋のたそがれ」の山口貴義。撮影を「恋のたそがれ」の塩田明彦が担当している。主演は「tokyo skin」の菅野敬子。16ミリからのブローアップ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バイト暮らしをしている24歳の優香は、新しい生活を始める為、援助交際をしている3人の愛人と別れる決心をした。しかし、彼らに泣き言を言われずにことを済ませたい。そこで彼女は、かつての恋人・卓也を無理矢理新しいボーイフレンドに仕立て、愛人たちと別れる作戦に出た。ところが、大学教授の相沢から手切金を要求したところまではよかったのだが、暴力的な二番目の愛人・大村がそれを持ち逃げしてしまったのである。結局、優香の身を案じた卓也が取り戻しに行くはめになるも、金にうるさい大村がその金は今まで自分が優香に貸していたものだと言い張り、金を取り戻すことは叶わない。それでも優香は、卓也のお陰で最後の愛人でアングラ役者の小南とも別れることに成功する。年が明けて、卓也の元に優香から賀状が届いた。そこには、相沢から貰った残りの手切金を競馬につぎ込んだ儲けで、温泉旅行を楽しんでいるという旨が綴られていた。

作品データ

製作年
1998年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
58分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?