ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2
ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2

ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2

1999年1月30日公開,107分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

香港の音楽業界を舞台に男女の奇妙な関係を描いたラヴ・ストーリー「君さえいれば 金枝玉葉」(94)の続編。レスリー・チャン、アニタ・ユン、カリーナ・ラウ、チャン・シウチョンのオリジナルキャストに、「デッド・ヒート」のアニタ・ユン、「ダウンタウン・シャドー」のテレサ・リーが加わった。監督・製作のピーター・チャン(「ラヴソング」)以下、製作・出演のエリック・ツァン、製作総指揮のクラウディア・チョン、脚本のジェームズ・ユェン、撮影のヘンリー・チャン、美術のイー・チュンマンは前作に続く登板。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

晴れて共同生活を始めた売れっ子プロデューサーのサム(レスリー・チャン)とウィン(アニタ・ユン)だが、一日目からなぜかうまくいかずにトラブル続き。サムは事態を打開すべく強引にウィンを男性歌手として復帰させた。ゲイカップルなどと騒ぐマスコミを尻目にウィンはアイドルとして売れっ子になり新人賞まで獲得。ところがそこに登場したのが階下に越して来た謎めいた女性フォン(アニタ・ムイ)。はずみで彼女と関係をもってしまうサムだが、彼女が実はかつて男装の麗人として鳴らした大スターと分かって大騒ぎ。ウィンは同じ歌手としてフォンと親しくなるが、やがて二人はサムを尻目に急接近。いっぽう、ウィンの幼なじみのユーロウ(チャン・シウチョン)はフォンとどうやら怪しい仲らしいオー(テレサ・リー)に入れあげてしまう。かくして、彼らは新たな恋のさやあてを始め、大混乱のあげくそれぞれに幸せをつかむのだった。

作品データ

原題
金枝玉葉2
製作年
1996年
製作国
香港
配給
ビターズ・エンド
上映時間
107分
製作会社
ゴールデン・ムーヴィーズ・インターナショナル=電影人製作有限公司=UFO

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?