永遠と一日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

永遠と一日

1999年4月17日公開,124分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

詩人の人生最後の一日の心の旅を重厚なタッチで描きだした映像叙情詩。監督・脚本は「ユリシーズの瞳」のギリシャの巨匠テオ・アンゲロプロス。脚本協力は「シテール島の船出」以来アンゲロプロスと組むイタリアの名脚本家トニーノ・グエッラ(「ノスタルジア」)と、ペトロス・マルカリス、ジョルジオ・シルヴァーニ。製作はアンゲロプロス、シルヴァーニ、エリック・ユーマン(「ユリシーズの瞳」、監督作『ジェマ港』)、アメデオ・パガーニ。撮影のヨルゴス・アルバニティス(冬のシーン撮影)とアンドレアス・シナノス(夏のシーン撮影)、音楽のエレニ・カラインドルーはアンゲロプロス作品の常連。美術はヨルゴス・パッツァス。編集はヤニス・ツィツォプロス。録音はニコス・パパディミトリウ。衣裳はヨルゴス・ジアカス、コスタス・ディミトリアディス。出演は「ベルリン 天使の詩」「星の王子さまを探して」のブルーノ・ガンツ、「恋する女」のイザベル・ルノー、実際にアルバニア難民の少年アキレアス・スケヴィス、『親和力』のファビリチィオ・ベンティヴォリオ、「狩人」のニコス・クロウスほか。98年カンヌ映画祭パルム・ドール(大賞)受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

現代。北ギリシャの港町、テサロニキ。作家で詩人のアレクサンドレ・アレクサンドロス(ブルーノ・ガンツ)は不治の病を得て、入院を明日に控え、人生最後の一日を迎える。母の呼ぶ声を耳に3人の親友と島へと泳いだ少年の日の思い出の夢から覚めた彼は、3年前に先立たれた妻アンナ(イザベル・ルノー)が遺した手紙を託すため、娘カテリナ(イリス・ハジアントニウ)の元を訪ねる。手紙の1通は30年前の夏の一日、生まれたばかりの娘を囲んでの海辺の家での思い出をよみがえらせ、妻の深い愛情を改めて知らしめた。町に出た彼はアルバニア難民の少年(アキレアス・スケヴィス)と出会う。アレクサンドレは国境まで少年を送り帰そうとするが、彼は離れようとしない。河辺で少年に前世紀の詩人ソロモスの話をするアレクサンドレ。幻想のなかでかの人ソロモス(ファビリチィオ・ベンティヴォリオ)に出会うふたり。痛みをこらえながらアレクサンドレは少年と旅を続けるうち、さらに過去の記憶が甦る。夏、アンナをともない親戚らと島へ向かったこと、島に残る少年の日の思い出の崖。少年の仲間の死は病院で別れを告げた母(デスピナ・ベベデリ)を思い起こさせる。仲間と旅立つという少年とバスに揺られれば、さまざまな年代の人々が夢かうつつか乗り込んでくる。結局、少年は深夜、大きな船で去った。思い出のこもった海辺の家は解体される。病院行きをやめたアレクサンドレの耳に、亡き妻の声が響く……。

作品データ

原題
Μιά αιωνιότητα και μιά μέρα
製作年
1998年
製作国
ギリシャ フランス イタリア
配給
フランス映画社配給(フランス映画社=日本ビクター提供)
上映時間
124分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?