フラミンゴの季節|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フラミンゴの季節

1999年6月12日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

さびれた村に渦巻く、人々の欲望と愛憎を描いた一編。監督はシーロ・カペラッリで脚本も担当。脚本はこの他グラシエラ・マリエ、オスバルド・バイエル。製作はアルベルト・キツラー。撮影は「時の翼に乗って ファラウェイ・ソー・クロース!」のユルゲン・ユルゲンス。音楽はグスタボ・ベイテルマン。美術はペペ・ウリア。編集はタニア・シユテックリン。録音はハンス・キュンツィ。出演は「ライブ・フレッシュ」のアンヘラ・モリーナ、アルゼンチン気鋭の若手俳優ダニエル・クスニエスカほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パタゴニア、夏。この地に飛来するフラミンゴと共に、ブエノスアイレスから測量技師マリオ(ダニエル・クスニエスカ)がサン=ロレンソ村にやって来た。マリオの目的は船を陸上輸送するための事前調査だが、船の通過に村人たちは多大な期待を寄せていた。特に村の実力者バサン(パトリシオ・コントレーラス)は、鉱山の開発でひと儲けすることをもくろんでいた。そんな折洋品店に立ち寄ったマリオは店のグロリア(アンヘラ・モリーナ)に一目ぼれする。店の外には行方不明の父親を探すインディオのロサ(ルイサ・カルクーミ)の姿があった。インディオの土地に鉱山があり、ロサの父親がバサンと会うと言って姿を消したと聞いたマリオは、グロリアと共に土地問題に関わるようになる。村人たちの間でバサンに対する様々な噂が渦巻く中、バサンはマリオに賄賂を持ちかける一方、かねてから性的関係にあった13歳のメイド、ファニータ(ジェシカ・カルドーソ)と結婚する。そしてロサの父親が持っていた石を分析したところ、金が含まれていることがわかった。だが船の輸送経路の途中で地震が起こり、計画は中止に。ロサの父親も結局見つからなかった。村に残ることに決めたグロリアに石の分析表を手渡し、車で後にするマリオ。彼の軍の荷台にはバサンを撃ち殺したファニータが息を潜めていた。

作品データ

原題
Sin Querer
製作年
1997年
製作国
ドイツ スイス アルゼンチン
配給
日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=アミューズ提供)
上映時間
95分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?