セレブリティ(1998)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ(1998)

1999年8月14日公開,114分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

有名人の間で揺れ動く一組の元夫婦の人生模様をユーモラスに描き出した群像劇。監督・脚本は「地球は女で回ってる」のウディ・アレン。製作のジーン・ドゥーマニアン、製作総指揮のJ・E・ボーケーア、美術のサントロクアスト、編集のスーザン・E・モース、衣裳のスージー・ベルリンガーはアレン作品の常連。撮影は「ウディ・アレンの重罪と軽罪」などアレン作品は4作目となるスヴェン・ニクヴィスト。出演は「ヴァージン・フライト」のケネス・ブラナー、「地球は女で回ってる」のジュディ・デイヴィス、「エイリアン4」のウィノナ・ライダー、「パラサイト」のファムケ・ヤンセン、「アルビノ・アリゲーター」のジョー・マンテーニャ、「仮面の男」のレオナルド・ディカプリオ、「アナザー・デイ・イン・パラダイス」のメラニー・グリフィス、「マイティ・ジョー」のシャーリーズ・セロン、「パラサイト」のベベ・ニューワース、「GODZILLA ゴジラ」のハンク・アザリアとマイケル・ラーナーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

上空に浮かぶ、“HELP”の文字……映画の撮影現場。うだつのあがらない中年ジャーナリスト、リー・サイモン(ケネス・ブラナー)はエキストラの魅力的な女性ノラ(ウィノナ・ライダー)に声をかける。名声を夢みて芸能記事で身を立てながら小説を執筆する日々のリー。高校の同窓会をきっかけに人生の再出発を誓った彼は16年間連れ添った妻ロビン(ジュディ・デイヴィス)と離婚、ランダムハウスの編集者ボニー(ファムケ・ヤンセン)と付き合いはじめた。人気女優ニコル・オリヴァー(メラニー・グリフィス)からはお口のサーヴィスを受けたりしたが、スーパーモデル(シャーリーズ・セロン)には運転手代わりに使われただけと、セレブリティはやはり彼を振り回すばかり。いっぽう、ショックを受けたロビンは療養所に入り、流行整形美容医ルーパス(マイケル・ラーナー)の元を訪れ心機一転を図るが、そこで偶然取材に来ていたTV制作者のトニー(ジョー・マンテーニャ)と出会う。彼の誘いで試写会に出かけた彼女はリーと再会、動揺するまま口汚く彼を罵ってしまうが、トニーはそんな彼女を部下に抜擢、テレビの世界でロビンの第二の人生が開けていく。リーは酷評された処女小説の汚名を挽回すべく、若手大スターのブランドン・ダロウ(レオナルド・ディカプリオ)に売り込みに出掛けるが、彼の痴話喧嘩と乱痴気騒ぎに巻き込まれただけ。ふたたび小説を志す彼だが、ある日、あのノラと思いがけず再会、彼女こそ運命の恋人と信じる彼はボニーに別れ話を切り出す。激怒した彼女は彼の原稿を持ち出して川に撤き散らした。さて、トニーともうまくいって結婚の運びとなったロビンは、テレビの人気レポーターとして歩み出した。はたまたリーはノラとも気持ちにすれ違いが出てしまい、結局別れる羽目に。ノラと出会った映画の試写会。リーは華やかに成功して幸せ一杯のロビンと再会。スクリーンには、“HELP”の文字が踊る……。

作品データ

原題
Celebrity
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
114分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?