パトリシア・アークェットのグッバイ・ラバー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パトリシア・アークェットのグッバイ・ラバー

1999年10月2日公開,104分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

奔放な人妻が計画した保険金殺人の顛末を描いたブラック・コメディ。監督は「スカーレット・レター」のローランド・ジョフィ。脚本はロン・ピアの原案を元に、ピアと「トイ・ストーリー」のジョエル・コーエン(同名の監督とは別人)とアレックス・ソコロウが担当。製作はアレクサンドラ・ミルチャン、パトリック・マクダラー、ジョエル・ルードマン、クリス・ダニエル。製作総指揮は「交渉人」のアーノン・ミルチャン、「L.A.コンフィデシャル」のマイケル・G・ネイサンソン。撮影は「L.A.コンフィデシャル」のダンテ・スピノッティ。音楽は「ゴールデンボーイ」のジョン・オットマン。美術はスチュワート・ターキン。編集は「ザ・ファーム」のウィリアム・スタインカンプ。衣裳は「死の接吻」のセオドラ・ヴァン・ランクル。出演は「アメリカの災難」のパトリシア・アークェット、「ベスト・フレンズ・ウェディング」のダーモット・マルローニー、「ザ・メイカー」のメアリー=ルイーズ・パーカー、「ティン・カップ」のドン・ジョンソン、「バッファロー66」のヴィンセント・ギャロほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

L.A.。美人でオシャレな不動産ブローカーのサンドラ(パトリシア・アークェット)は、PR会社の重役ながらアルコール依存症の夫ジェイク(ダーモット・マルローニー)と暮らしていたが、さらにリッチでゴージャスな生活を送りたいと願っていた。彼女はジェイクのエリートの兄ベン(ドン・ジョンソン)と浮気していたが、それは彼にかけられた保険金400万ドルを入手する計画の一環だった。計画はみごとに成功したにみえたが、ここで思わぬ障害が。事件を追う刑事リタ(エレン・デジェネレス)がしつこくからみ、さらにベンの部下で彼とひそかに結婚していたというペギー(メアリー=ルイーズ・パーカー)が現れたのだ。保険金を彼女のものにしないために、殺し屋のマイク(ヴィンセント・ギャロ)に仕事を依頼するサンドラだが、事態はますます混乱し、思わぬ方向に展開していくのだった。

作品データ

原題
Goodbye Lover
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?