プリティ・ブライド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プリティ・ブライド

1999年10月23日公開,115分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

結婚式をドタキャンばかりする女性と、彼女を取材にきたジャーナリストのラブコメディ。監督は「25年目のキス」のゲーリー・マーシャル。脚本は「スリーメン&リトルレディ」のサラ・パリオツトとジョサン・マクギボンのコンビ。製作はテッド・フィールド、「リアル・ブロンド」のトム・ローゼンバーグ、スコット・クローブ、ロバート・コート。製作総指揮は「フェニックス」のテッド・ターナバウム、「おかしな二人2」のデヴィッド・メイデン、「真実の行方」のゲーリー・ルケッシー。撮影は「ある貴婦人の肖像」のスチュワート・ドライバーグ。音楽は「ダイヤルM」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「アイス・ストーム」のマーク・フリードバーグ。編集は「カーラの結婚宣言」のブルース・グリーン。衣裳は「ユー・ガット・メール」のアルバート・ウォルスキー。主演は「ノッティングヒルの恋人」のジュリア。ロバーツ、「北京のふたり」のリチャード・ギア。共演は「イン&アウト」のジョーン・キューザック、「乱気流 タービュランス」のヘクター・エリゾンドのほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コラムニストのアイク(リチャード・ギア)は不思議な女性の話を酒場で聞きつけ、それを新聞記事にした。それは何度も婚約を繰り返しては、結婚式の当日花婿を置き去りにして逃げてしまうというもの。ところがその張本人から抗議の手紙が寄せられ、編集者は事実をでっちあげたとアイクをクビにする。アイクは名誉挽回すべく、女性の住む田舎町へ取材に向かう。その女性、実家の工具店を手伝うマギー(ジュリア・ロバーツ)は4度目の結婚を控えていた。彼女はアイクを見るにつけ嫌悪感をあらわにする。一方アイクは4度目の逃走を目撃するまでは帰らないと意地になって取材を始める。だが元カレを取材してみるとそれぞれ全くタイプが違う。彼女が好きな卵料理を訊ねても、なぜかバラバラな答えが返ってくるのだった。彼女は周囲に合わせすぎて、自分が何を望んでいるのかわからなくなっているのだ。そう思ったアイクはいつしか彼女に好意を抱くようになる。結婚式の予行演習で花婿役を務めたアイクはマギーと熱いキスを交わす。おかげで婚約は破棄、4度目の結婚相手が急きょアイクとなった。だが式の最中マギーは逃げ出し、アイクも犠牲者に。失意の中町を去るアイク。その後、マギーはアイクの家を訪れ、改めて恋の告白をする。これまでのハデ婚でなく、草原で二人だけの式を済ませるのだった。

作品データ

原題
Runaway Bride
製作年
1999年
製作国
アメリカ
配給
ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間
115分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?