トーマス・クラウン・アフェアー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トーマス・クラウン・アフェアー

1999年11月13日公開,113分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

絵画強盗を道楽にする大富豪と保険会社の敏腕女性調査員の危険な駆け引きを描くサスペンス。スティーヴ・マックイーン、フェイ・ダナウェイ主演で映画化された「華麗なる賭け」のリメイク。監督は「ダイ・ハード1、3」のジョン・マクティアナン。脚本はオリジナルのアラン・R・トラストマンの原案を元に、「ミセス・ダウト」のレスリー・ディクソンと「スフィア」のカート・ウィマーが担当。製作はボー・セントクレアと主演の「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン。撮影は「ディープ・インパクト」(第2班)のトム・プリーストリー。音楽は「ロッキー」シリーズのビル・コンティ。衣裳は元『ヴァニティ・フェア』誌のデザイナーのケイト・ハリントン。共演は「リーサル・ウェポン4」のレネ・ルッソ、オリジナルでヒロインをつとめたフェイ・ダナウェイ(「ジャンヌ・ダルク」)、「サンドラ・ブロックの恋する泥棒」のデニス・レアリー、スーパーモデルのエスター・カニャーダス、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク。トーマス・クラウン(ピアース・ブロスナン)は自身のビル“クラウン・タワー”を根城に辣腕を奮う大富豪。だが彼は裏で名画を鮮やかな手口で盗み出すことを道楽としていた。夏のある日、美術館からモネの絵画が白昼堂々消えた。保険会社から派遣された敏腕調査員キャサリン・バニング(レネ・ルッソ)は真犯人の存在をニューヨーク署のマッキャン警部(デニス・レアリー)に告げる。クラウンに会ったキャサリンは大胆にも彼が犯人だと指摘。クラウンは騒がず、彼女の挑戦を受けて立った。キャサリンはクラウンをデートに誘い出し、彼の屋敷の合鍵を手に入れて侵入、美術館のようなそこで件のモネの絵画を発見。ところがそれは贋作だった。はめられたと知ったキャサリンはクラウンに会いに行くが彼はそこで謎めいた美女アンナ(エスター・カニャーダス)と踊っていた。ふたりの間に割り込み、情熱的に踊ってみせるキャサリン。ふたりはその夜結ばれた。ひとときのヴァカンスを楽しむふたりだが、クラウンは頻繁にアンナと密会していた。それを知って本来の自分を取り戻したキャサリンに、クラウンは不動産を処分して一緒に逃亡しようと持ちかける。愛と仕事意識の間で揺れるキャサリン。そんな彼女にクラウンは「明日、モネの絵を美術館に返す。その後逃亡しよう」と告げた。かくしてキャサリンとクラウンは、お互いの愛と信頼に対して最後の賭けに挑むのだった。

作品データ

原題
The Thomas Crown Affair
製作年
1999年
製作国
アメリカ
配給
UIP
上映時間
113分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?