金融腐蝕列島 呪縛|MOVIE WALKER PRESS
MENU

金融腐蝕列島 呪縛

1999年9月18日公開,114分
  • 上映館を探す

腐敗した大銀行を再生すべく、立ち上がった中堅行員たちの姿を活写した社会派ドラマ。監督は「バウンス ko GALS」の原田眞人。高杉良によるベストセラー小説を基に、高杉良、鈴木智、木下麦太が共同脚色。撮影に「オサムの朝」の阪本善尚があたっている。主演は、「ニンゲン合格」の役所広司と「宮澤賢治 その愛」の仲代達矢。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1997年、東京・日比谷。丸野証券の利益供与事件による総会屋・小田島の逮捕により、300億円という不正融資疑惑が持ち上がった朝日中央銀行(ACB)本店に東京地検特捜部の強制捜索が入った。ところが、ACBの上層部は責任を回避しようとするばかり。そんな上層部の姿勢に腹を立てた"ミドル4人組"と呼ばれる企画本部副部長の北野、同部MOF担の片山、同部副部長の石井、広報部副部長の松原らはボード(役員)を総辞任させ、"ブルームバーグ・テレビジョン"のアンカーウーマン・和田の力を借りて新頭取に中山常務を推すと、真相調査委員会を結成。 ACBを闇社会や古い慣習などの"呪縛"から解き放ち、再生させようと東奔西走する。しかしそんな事態に至っても尚、佐々木相談役だけは最高顧問としてACBに居座ろうとしていた。佐々木の娘婿でもある北野は、身内と対決しなければないないことに苦悩しながらも、小田島と佐々木の癒着が記された自殺した久山幹部の遺書を武器に彼を辞職、逮捕へと追い込む。それから数日後、 ACBの株主総会が行われた。中山新頭取を中心に、北野たちは闇社会との繋がりや行内の膿を放出することを株主に確約してこれを乗り切ることに成功。こうして、ACBは再生への一歩を歩き始めるのであった。

キャスト

役所広司

北野浩

仲代達矢

佐々木英明

椎名桔平

片山昭雄

風吹ジュン

北野今日子

若村麻由美

和田美豊

佐藤慶

久山隆

根津甚八

中山公平

矢島健一

石井卓也

中村育二

松原秀樹

石橋蓮司

中澤専務

遠藤憲一

大野木検事

もたいまさこ

一条弁護士

本田博太郎

陣内新副頭取

黒木瞳

佐藤弘子

丹波哲郎

川上多治郎

多岐川裕美

青木伸枝

梅野泰靖

坂本頭取

小林勝彦

今井会長

山本清

吉野副頭取

勝部演之

太田副頭取

若松武史

小田島敬太郎

内藤武敏

株主790番

山崎清介

森田部長

大高洋夫

西田

金子和

宮本

大西智子

大津

木下ほうか

永山

岸博之

渋沢部長

田口トモロヲ

気の弱い守衛

村上淳

危険な通行人

本宮泰風

見つめる青年

高杉良

激励する弁護士

佐高信

辛口評論家

原田遊人

クリス・ゴタンダ

古本恭一

トク

フィリップ・シルバーステン

チーフ

今井あずさ

白木レポーター

大城英司

赤星記者

大門修三

茶器記者

中村亮

クラリネットの浮浪者

梅沢健祐

株主総会の弁護士

康すおん

株主

井之上隆志

株主

並樹史朗

株主

殺陣剛太

株主

井上肇

伊良部事務官

水上竜士

池ノ上検事

光岡湧太郎

伊場事務官

加藤満

牛島弁護士

青木鉄仁

両角弁護士

吉家明仁

塩谷弁護士

本郷弦

大蔵省梶原課長補佐

三浦春馬

北野浩一

大谷玲凪

北野レナ

町田政則

執行官

吉崎典子

アナウンサー

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
114分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • vaiolin

    4
    2013/10/19

    タイミングのぴったりな時宜にテレビ放映。ビデオがあるのかないのか、あるとすれば、触らぬ神で、店に置かないのか?
    映画は、そんな堅さがない進み方で、実際はもっと官僚的ではないかと明らかに思える描き方。威張りちらす相談役、チョっと気の弱い新頭取など映画ならでは、となっていた。
    それでも、話題にしにくい話題を良く踏み込んで映画化した。

    役者にサラリーマンの経験が少ないと思われる人たちで、実際の職種になりきれない感じがあった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    3
    2012/3/17

    バブル崩壊後の金融業界は、コンプライアンス遵守や金融商品取引法(いわゆる金商法)などによって、かなり浄化されたと見て良いのではないだろうか。

    本作は、1999年公開の作品であり、その当時は「今後の銀行は、かくあるべきだなぁ」と思えたものが、2012年に本作を観ても「過去のエンターテインメント作品」にしか見えなくなった気がする。

    映画はどんな作品であっても、時を経て再見した時には観る環境が変わっているので、受ける印象などが変わるのは当たり前の話ではある。
    ただ、本作のように時代を反映した作品は、印象が一段と異なる気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告