わたしの見島:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
わたしの見島
わたしの見島

わたしの見島

1999年11月13日公開、100分、ドキュメンタリー/社会派
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

山口県萩市沖にある離島・見島に暮らす人々の生活や文化をとらえたドキュメンタリー。演出は、HAGI世界映画芸術祭の中に誕生した"CINEMA塾"の塾生と、同塾の塾長でもある「全身小説家」の原一男。撮影を原監督自身が担当している。16ミリ作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

山口県萩市の沖合いに浮かぶ、人口わずか1300人の見島。現在、この島は深刻な過疎化に悩まされている。若者は、中学を卒業すると島外の高校へ進学し、都会へと就職していく。お陰で島では伝統行事や祭りが出来なくなってきている。しかし、子供たちの将来を考えると、親の心境も複雑だ。そんな見島に暮らす老若男女に、島に対する想いをインタビューしていくCINEMA塾生。その中、祝い事のある時に揚げる"鬼ヨウズ"と呼ばれる凧の存在を知った彼らは、島興し会の人たちとこれまでにない大きさの鬼ヨウズを作成すると、島の発展と映画の成功を祈願して空高く揚げるのであった。

作品データ

製作年
1999年
製作国
日本
配給
「わたしの見島」製作上映実行委員会
上映時間
100分
製作会社
HAGI世界映画芸術祭実行委員会作品
ジャンル
ドキュメンタリー社会派

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?