アナライズ・ミー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アナライズ・ミー

1999年11月6日公開,104分
  • 上映館を探す

ノイローゼになったマフィアのボスと強引に彼の主治医にされた精神科医のおかしな関係を描いたコメディ。監督は「クローンズ」のハロルド・ライミス。脚本はTVシリーズ『マーフィー・ブラウン』のピーター・トーラン、新鋭ケネス・ローナガンの原案を、ふたりとライミスが担当。撮影は「ある貴婦人の肖像」スチュアート・ドライバーグ。音楽は「ゲーム」のハワード・ショア。美術は「ワグ・ザ・ドッグ ウワサの真相」のウィン・トーマス。編集は「ラリー・フリント」のクリストファー・セレフセン。出演は「RONIN」のロバート・デ・ニーロ、「ファザーズ・デイ」のビリー・クリスタル、TVシリーズ『フレンズ』のリサ・クードロー、「悪魔のような女」のチャズ・パルミンテリ、「イレイザー」のジョー・ヴィテレリほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク。父の跡を継いで悪名高いマフィアのボス、ポール・ヴィッティ(ロバート・デ・ニーロ)は、敵対するプリモ・シンドーネ(チャズ・パルミンテリ)との抗争を控えて奇妙な発作に悩まされるようになった。ポールは腹心のジェリー(ジョー・ヴィテレリ)の紹介で精神科医ベン・ソボル(ビリー・クリスタル)の元に押しかけるが、これがベンにとっては悪夢の始まりに。ポールは時間も場所もお構いなしにベンを呼び出し、あげくはマイアミで行われた再婚相手のTVレポーターのローラ(リサ・クードロー)との結婚式もメチャクチャにされてしまう。逆上するベンだが、ポールは新居に噴水を贈り、ベンから離れようとしない。そんなベンにマフィアを追うFBIが接近。彼は強制され、隠しマイクを仕込まれてポールとレストランで会う羽目に。いっぽう、ベンがFBIと接触したことを知ったマフィアはポールにベンの始末を命令。だが、その席上ベンは、かつてそのレストランで少年時代のポールが目の前で父親を殺された事実を知り、この事件が彼のトラウマになっていると確信。彼は医師としてのモラルもあって隠しマイクをトイレではぎとった。人気のない場所にベンを連れ出し、ポールは銃口を向けるが、ベンに諭され、やがて彼は泣きながら自分のトラウマを告白した。これで治療は終わったと思いきや、ポールはプリモとの抗争に決着をつけるために開かれたマフィアの総会を目前にまたダウン。ローラとの二度目の結婚式の真っ最中の教会からジェリーに連れ出されたベンはなんとポールの代理の相談役として会合に無理やり出席させられる。コワモテのマフィアの面々を相手に自棄糞で一席ぶつベン。そこに復調したポールが登場。彼は自分は足を洗うと宣言してベンを連れて外に出るが、プリモはそれを追って銃を向ける。だが、彼らは全員その場所を包囲していた警察に逮捕された。1年後。18カ月の刑で服役したポールをベンが刑務所にたずねる。病を克服したポールにベンは改めてセラピーを約束し、ふたりは友情を確かめあうのだった。

作品データ

原題
Analyze This
製作年
1999年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画配給(日本ビクター=日本ヘラルド映画提供)
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/5/28

    「ミッドナイト・ラン」のような男同士の奇妙な友情が芽生えるお話。 ロバート・デ・ニーロ好きです。こちらでは精神的にまいってる大ボスさんでよく泣きます。本当に辛そうで気の毒になってくる。でもよく言えば正直で信仰深く人間臭くて憎めないキャラ。横で支える絶対的腹心のジェリーの存在も大事。 マフィアの抗争が絡んできて銃撃戦もあるけど全体的にぷっと吹いたりクスッと笑えるお話なのでサクッと見れていいですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告