シャンドライの恋:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
シャンドライの恋
シャンドライの恋

シャンドライの恋

2000年2月5日公開,94分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

住みこみの黒人女性に恋した英国人音楽家の、プラトニックな愛を綴ったロマンス。監督は「魅せられて」のベルナルド・ベルトルッチ。脚本はジェイムズ・ラスダン原作の短編を基に「ハイシーズン」のクレア・ペプローとベルナルド・ベルトルッチが執筆。撮影は「夜ごとの夢~イタリア幻想譚」のファビオ・チャンケッティ。音楽は「心のおもむくままに」のアレッシオ・ヴラド。美術は「魅せられて」のジャンニ・シルヴェストリ。衣裳は「ライフ・イズ・ビューティフル」のメトカ・コジャク。出演は「ミッション・インポッシブル2」のサンディ・ニュートン、「ビッグ・リボウスキ」のデイヴィッド・シューリスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アフリカ人のシャンドライ(サンディ・ニュートン)は、政治活動をしていた夫が逮捕された後イタリアに渡り、音楽家キンスキー(デイヴィッド・シューリス)の掃除係として住みこみで働きながら医大に通っていた。ある日、シャンドライはクローゼット代わりに使っているリフトの中から疑問符の書かれた五線譜を見つける。リフトはキンスキーの部屋とつながっており、その後もリフトを通じランの花や指輪が贈られ続けた。戸惑ったシャンドライが指輪を返しにキンスキーの部屋に行くと、今度はプロポーズされてしまう。言葉は交わさなかったが、キンスキーは彼女の働きぶりに好意を抱いていたのだ。シャンドライは思わず獄中にいる夫を出してと口走ってしまう。それ以降、邸宅にある美しい調度品が次々と人手に渡るようになった。そんな中シャンドライは夫の無事を知らせる手紙を受け取るが、気がつくと屋敷の中はグランドピアノだけになっていた。そのピアノを囲んでささやかな音楽会を開いたキンスキーは自作の曲を披露する。そして演奏の途中、夫が釈放されてシャンドライの所へ来ると知る。キンスキーのグランドピアノが売却されて初めて、シャンドライは知った。キンスキーは調度品を売った資金で夫を釈放したのだ。夫との再会の前日、シャンドライは感謝の言葉を綴ったカードを届けにキンスキーの部屋を訪れる。彼のベッドに滑りこんで一夜を共にするのだった。

作品データ

原題
Besieged
製作年
1998年
製作国
イタリア
配給
アミューズ配給(アミューズ=デジタル・メディア・ラボ提供)
上映時間
94分
製作会社
フィクション=ナヴァートフィルム作品(メディアセット提供)

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?