ANA+OTTO アナとオットー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ANA+OTTO アナとオットー

2000年1月8日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

8歳の時に運命的な出会いをした男女の愛の軌跡を綴ったラヴ・ロマンス。監督・脚本はスペインの新鋭フリオ・メデム(第2作『バカス』は92年度東京国際映画祭で上映)。製作はフェルナンド・ボバイラ、エンリケ・ロペス=ラビニュ。製作総指揮はチャルリ・リョレンテ、フェルナンド・デ=ガルシリャン。撮影はカロ・F・ベリディ。音楽はアルベルト・イグレシアス。編集はイバン・アレド。出演は「オープン・ユア・アイズ」のナイワ・ニムリ、「テシス 次に私が殺される」のフェレ・マルティネスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アナ(ナイワ・ニムリ)とオットー(フェレ・マルティネス)は8歳の時、森の中で運命的に出会い、やがてアナの母とオットーの父が再婚したことで兄妹の関係となった。愛し合うようになるふたりだが、そのことがオットーの実母を孤独死に追いやる羽目になり、オットーは姿を消し、数年後ふたりの両親も別れて家族は崩壊した。そして17年の時が流れ、オットーはスペイン・フィンランド間の航空郵便のパイロットとなり、アナはフィンランドの小さな町ロバニエミを訪れていた。アナはその地でオットーという愛する男と同じ名の老パイロットと会い、ふたりをつなぐ運命を感じるが、そこにスペインからの航空郵便が墜落したとの知らせが。再会を夢見て現場へと走るアナ。そこには運命のいたずらが待ち構えていたのだった。

作品データ

原題
Los amantes del Circulo Polar
製作年
1998年
製作国
スペイン
配給
ポニーキャニオン
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?