マーシャル・ロー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マーシャル・ロー

2000年4月15日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戒厳令が発令されたニューヨークで、国家とテロリストの対決を描くサスペンス大作。監督は「戦火の勇気」のエドワード・ズウィック。脚本はズウィックとローレンス・ライト、「リコシェ」のメノウ・メイエス。撮影は「クンドゥン」のロジャー・ディーキンズ。音楽は「交渉人」のグレアム・レヴェル。出演は「ボーン・コレクター」のデンゼル・ワシントン、「アメリカン・プレジデント」のアネット・ベニング、「シックス・センス」のブルース・ウィリスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークのブルックリンでアラブ系テロリストによりバスが爆破された。テロリズム対策部長でFBI所属のハブ(デンゼル・ワシントン)は犯罪者の検挙に必死になる。彼の前に現れた謎の美女、エリース(アネット・ベニング)はアラブ系アメリカ人社会にコネクションを持つCIA活動員だった。エリースの協力でFBIはテロ犯を撲滅。しかし、安心したのもつかの間、爆破テロが再び勃発。テロ犯の要求は急進イスラム派の教祖を釈放することだったが、教祖はアメリカ軍に捕らえられ軍部はそのことをFBIに隠していた。その一方でテロリストはFBI本部を爆破し、多数の死傷者が出る。大統領はついにニューヨークにマーシャル・ロー(戒厳令)を発令、ダヴロー将軍(ブルース・ウィリス)が指揮をとる。街角ではアラブ人が次々検挙され、ものものしい雰囲気で戦車が行きかっていた。民主主義を求める市民が人種を問わず立ち上がるが、エリースと関係のあるアラブ側の情報提供者、サミール(サミ・ボージラ)はデモを対象にテロ活動があると発言。ハブはエリースとともにテロリスト検挙の計画を練る。テロリストのアジトへ乗りこんだエリースと、それを追ってきたハブ。そこに待っていたのは意外な事実を前に、彼らは立ち向かうのだった。

作品データ

原題
The Siege
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2018/5/28

    エドワード・ズウィック監督って、雰囲気で映画を感動作に仕立てる名手かな。たまたまこの人の作品を2つ、劇場で見ていたので。「グローリー」「ラストサムライ」だけど。前者は、デンゼル・ワシントンも出ていたので、今作の主演にすんなり決まったと思われ。
    主要キャストがデンゼル、ブルース、アネットの3人なんでシンプルだと思った。
    ただ映画製作年が2000年で、911 の前なのが惜しい。
    キーパーソンとなる、CIA が育ててしまったテロリストの指導者がどうしても、ビンラディンと被るのだが、911 より先だし、ある意味、これは預言映画かも!!
    ただズウィックは、アラブやイスラムに関してどれだけ造詣があったのか疑わしい。ブルース・ウィリスもでくの棒みたいな融通の利かなない将軍だし。
    クライマックスはデンゼルの傑作「クリムゾン・タイド」みたいだし。
    CIAエージェントのアネット・ベニングの演技がやや浅い。これもイスラムへの理解度の浅さからでは?

    違反報告