発狂する唇:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
発狂する唇
発狂する唇

発狂する唇

2000年2月26日公開,85分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

連続殺人事件の容疑者の妹に降りかかる数々の受難と狂気を描いたエロティック・ホラー・コメディ。監督は「ナチュラル・ウーマン」の佐々木浩久。脚本は「リング0 バースデイ」の高橋洋。撮影を「MABUI」の喜久村徳章が担当している。主演は「セカンド・チャンス」の三輪ひとみ。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子中学生の首を切り落とすという猟奇殺人事件が起こった。容疑者の倉橋美智夫は行方をくらましており、残された彼の母とふたりの妹はマスコミや近隣の住民、それに刑事からも執拗な嫌がらせを受けていた。そんな中、兄の無実を信じる末妹の里美が心霊研究所の霊能者・間宮悦子に救いを求めた。真犯人は美智夫ではないと断言する悦子。早速、倉橋家を訪ねた彼女は降霊の儀式を行い、少女たちの霊を呼び寄せ犯人を探させるのであった。しかし、その儀式を行う為に母や姉が悦子の助手・当麻の生け贄となり、更に里美にも強く念じただけで人を殺す不思議な力が備わるようになってしまう。戸惑う里美。とそこへ、FBI捜査官の成本とル-シ-が里美の前に現れた。実は、彼らは事件の真犯人が悦子たちだと睨み、見張っていたのだ。そんな彼らに里美は捜査の協力を求められるが、その間にも彼女の不思議な力はパワ-アップしていくのであった。やがて、少女たちの霊によって美智夫の潜伏している場所が判明した。里美は森の中の古びた一件の家へ母たちと赴くが、果たしてそこに美智夫はいた。だが、彼は悦子と将来を誓いあった仲で、神の降臨を信じ、その為い必要な里美の呪われた血と力を覚醒させたのだと語った。そして、間もなく闇が世界を包もうとしていた。しかしその時、FBIによって森にミサイルが撃ち込まれるのだった。

作品データ

製作年
2000年
製作国
日本
配給
オメガ・プロジェクト
上映時間
85分
製作会社
オメガ・プロジェクト(製作協力 オズ)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?