ガンドレス(完全版)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ガンドレス(完全版)
ガンドレス(完全版)

ガンドレス(完全版)

1999年3月20日公開,90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

未来都市を舞台に、テロ組織と壮絶な戦いを繰り広げる6人の女戦士の活躍を描いたアクション・アニメーション。監督は「ダーティペア」の谷田部勝義。エンターテインメント集団・ORCAのメンバーである天沢彰による原作を基に、ORCAと伊崎健太郎、坂井淳一、藤家和正が脚色。撮影をACCプロダクションが担当している。声の出演に石塚理恵。1999年3月に公開されたアクション・アニメーション「ガンドレス」の完全版。初公開時に色づけされていなかった部分などが、補正されている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦2100年、ヨコハマ・ベイサイドシティ。タカコ・ホウライジ率いるエンジェルアームズは表向きは民間の警備会社だが、実はベイサイドシティ新市長が元SWAT隊長・ゴウマンに組織させたスペシャルチームだった。そのメンバーであるケイ、アリサ、マルシア、ミシェル、シルヴィアは、ある日、対戦用人型戦闘メカ、ランドメイトを操って武器密輸組織ルバイヤートのボス、ハッサンの逮捕に成功する。だが、ハッサンは取引相手の名前と引き替えに自分の身柄の保護を要求。その相手が中央政府の高官らしいことから市長は交渉に応じ、ハッサンの警護をエンジェルアームズが任される。そんな折、ハッサンの口を封じるべく世界的なテロ組織が来日した。ところが、その中にテロ集団セクンダディの一員で、アリサの元恋人、ジャン・リュックがいたのである。彼は、2年前の警察によるセクンダディ壊滅作戦で死んだ筈だったが、アリサ同様、ある組織の手によってサイバネティック手術を受けてサイボーグとして延命していたのだ。ジャン・リュックが生きていたことに動揺を隠せないアリサ。そんな彼女との任務遂行に不安を覚えるエンジェルアームズのメンバーたち。しかし、ハッサンによって密輸事件の黒幕が内閣安全室長の風間と特殊テロ対策本部部隊総本部長のスメラギであったことを知った彼女たちは、様々な問題を乗り越えて結束を堅くし、テロ対策総本部、通称パンドラに乗り込むと、ジャン・リュック共々、闇の組織を壊滅することに成功する。

スタッフ

監督、絵コンテ、音響演出

谷田部勝義

演出

寿二郎

演出

春野梢

演出

飯野洋子

キャラクターデザイン

青木哲朗

キャラクターデザイン

岩井優器

メカニックデザイン

渡辺浩二

メカニックデザイン協力

沖一

総作画監督

山田たろう

作画監督

土屋幹夫

作画監督

丸英男

作画監督

奥村まさひこ

メカニック作画監督

宍戸聡

コンテ協力

杉本道明

コンテ協力

布施木和伸

製作

中村雅哉

製作

季干錫

製作

浅川武彦

製作

高橋輝隆

製作

川野真寛

プロデューサー、脚色

藤家和正

プロデューサー

吉田達

ゼネラルマネージャー

長島正治

アシスタントプロデューサー

大神亮

アニメーションプロデューサー

野口義晃

アニメーションプロデューサー

香西隆男

制作担当

渡辺武文

海外制作担当

季浩誠

原作

天沢彰

設定協力

士郎正宗

脚色

ORCA

脚色

伊崎健太郎

脚色

坂井淳一

撮影

ACCプロダクション

編集

井上和夫

音響監督

伊達康将

録音

荒井孝

録音

池田裕貴

整音

安藤邦男

音響プロデューサー

中野徹

音響制作担当

野口貴由

音響制作担当

植田裕子

美術設定

加藤浩

美術設定

平沢晃弘

美術設定

塩澤良憲

美術

宮前光春

衣裳デザイン協力

ことぶきつかさ

音楽

富永豊

音楽プロデューサー

青沼明人

音楽選曲

合田豊

特殊効果

山本公

CGプロデューサー

藤井政登

音響効果

野崎博樹

色彩設定

武内和子

色指定

高田義人

色指定

棚沢真理子

色指定

村上佳江

演出助手

溝口雅彦

主題歌

R ORANGE

作品データ

製作年
2000年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
90分

(C)1999/天沢彰・ORCA/「ガンドレス」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?