高原の夕焼:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
高原の夕焼
高原の夕焼

高原の夕焼

1951年3月16日公開,103分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ワイオミングの緑草」のスタッフ、監督ルイ・キング、製作ロバート・バスラー、撮影チャールズ・G・クラークの三人がその儘製作している1947年度作品の天然色映画。アルフレッド・オリヴァンの原作を「出獄」のジェローム・キャディが脚色し、例に依ってアルフレッド・ニューマンが音楽監督に当たった。出演者は「勝利の園」のロン・マッカリスター、「ブルックリン横町」のペギー・アン・ガーナー、「故郷の丘」のエドマンド・グウェンとレジナルド・オーウェンら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スコットランドの牧羊を業とする村に偏屈な老人マカダム(エドマンド・グウェン)が一人息子デイヴィッド(ロン・マッカリスター)と羊犬競技会に二度優勝した愛犬レッド・ウルを相手に暮していた。デイヴィッドは牧場主のムーア一家から愛され就中ムーアの娘マギィ(ペギー・アン・ガーナー)は彼を慕っていた。ある日ムーア夫人がお産が因で亡くなり、その葬式から帰って来たデイヴィッドに、マカダムは息子の心が離れて行くのを悲しみ興奮して酷く叱った。デイヴィッドは家出してムーアの牧場の使用人となり、母亡き後大人びたマギィに恋をした。羊犬競技会にはレッド・ウルが三度目の優勝をしマカダムの自慢に村人は口惜しがった。そして一年後、今度の競技会にはレッド・ウルとデイヴィッドの御するムーアの犬ボブが競い合いボブが勝った。その夜レッド・ウルは村の羊を殺し、その為マカダムは愛犬を自分の手で殺さねばならない。すっかり沈んだマカダムにデイヴィッドは自分の競技失格を申し出て花を持たせた。それにマギィとデイヴィッドは結婚する。

作品データ

原題
Bob, Son of Battle
製作年
1947年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
103分
製作会社
二十世紀フォックス映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?