シャンヌのパリ、そしてアメリカ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シャンヌのパリ、そしてアメリカ

2000年12月9日公開,127分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

 「シン・レッド・ライン」の原作者ジェイムズ・ジョーンズの娘、ケイリーが執筆した自伝小説を映画化。多感な少女の成長を、作家である父親との絆を軸につづる感動作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

 パリで暮らす少女シャンヌの家に、ブノワという少年が養子として迎えられる。ふたりは心を通わせ、思春期になったシャンヌは同級生との初恋を経験。やがて病に冒された父の希望で、一家は米国に移ることに。

作品データ

原題
A Soldier's Daughter Never Cries
製作年
1998年
製作国
イギリス
配給
日活(日活=N.D.F.提供)
上映時間
127分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?