誘拐犯|MOVIE WALKER PRESS
MENU

誘拐犯

2001年6月9日公開,119分
  • 上映館を探す

ある誘拐事件の関係者たちの人間模様を、緻密な心理描写で語り明かす1本。「ユージュアル・サスペクツ」でアカデミー賞脚本賞を獲得したクリストファー・マッカリーの初監督作だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

流れ者のロングボーとパーカーが、大富豪チダックの代理母である妊婦ロビンを誘拐した。彼らはチダックに身代金を要求するが、チダックはスゴ腕の部下を派遣。メキシコ国境の町での壮絶な銃撃戦に発展していく。

作品データ

原題
The Way of the Gun
製作年
2000年
製作国
アメリカ
配給
アスミック・エース(アスミック・エース=角川書店 提供)
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • 晴耕雨読

    5
    2009/11/8

     監督・脚本が「ユージュアル・サスペクツ」の脚本家だったクリストファー・マックァリーだけあって単純なハードボイルド・アクション映画ではありません。複雑な人間関係間における心理戦の面白さは「第三の男」を彷彿とさせますし、クライマックスの銃撃戦で使用される火器への拘りに拍手喝采しました。そしてハードボイルドファンにとってはたまらない名セリフとなった「おいぼれを見たら、兵(つわもの)と思え」をジェームズ・カーンに語らせる凄味は身震いするほどの感動を覚えました。火器の魅力がこの映画をワンランクアップしています。主人公の小悪党二人・パーカーとロングボーがそれぞれ装備したショットガンの「レミントン M870」はレミントン M31の後継として開発されたレミントン社の代表的なポンプアクション式散弾銃。操作性の高さと頑丈さが評価されて、狩猟はもとより警察機構の制式散弾銃としてよく使用されている優れものです。もう一方は当時から名銃の誉れ高かったロシアのAK47の構造そのままに、イスラエルが自国の援助関係を考慮して使用弾丸を西側規準の5.56mmx45に変更、外観も多少手が加えられた「ガリル」であり、制式突撃銃としてイスラエル国防軍に採用されている破壊力+連発力抜群の軽機関銃であり、建物の中での銃撃戦で土壁を貫通して標的を追い込んでいくシーンは迫力満点のアクションシーンを創造しています。

     映画中盤では一旦逃走したかに思えた二人が高台からバイポッド(ニ脚)を装着した狙撃銃で敵対する男たちを狙い撃ちするシーン。このシーンに入る前の言語の違いによる緊張感もあって手に汗握る思いをさせられます。余談ですが、バイポッドの他にも射撃時はこの部分を接地させ、射撃安定性を増す事が出来る足が一本の物(単脚)モノポッド(Monopod)と足が三本ある物(三脚)のトライポッド(Tripod)があります。小悪党に見えた二人の経歴は最後まで明かされることはありませんでしたが、度胸・決断力共に謎めいた二人です。この小悪党二人を演じているのが、ベニチオ・デル・トロとライアン・フィリップの若手実力派ですが、主人公に銃弾はあたらないご都合主義ではなく、「ダイハード」の主人公のように痛い思いをするところが、等身大の人間らしさを感じさせています。また昨今のハリウッド映画で行き着いた感に思えるカーチェイスシーンも下り坂を利用して追跡者と対峙したり、ドアを開放してトリッキーな動きを見せたりと新鮮味があります。映画は銃撃戦の最中に出産間近の妊婦が存在し無事に出産出来るのかというハラハラドキドキ感、コルトガバーメントやH&K USPと言ったハンドガンが射撃時の反動、所謂リコイル・ショックに耐えている細かいシーンも正確に描写すると言う意味でも私にとっては忘れられない傑作になりました。

     二人の若い俳優たちの影を薄くしてしまう程の存在感を見せつけた、ジェームズ・カーン、ジェフリー・ルイス、スコット・ウイルソンの三人の渋い演技がこの映画の名セリフ「おいぼれを見たら、兵(つわもの)と思え」を語っています。ジェフリー・ルイスの最期はサム・ペキンパー監督の一連の作品をダブらせます。この映画は良質な心理劇であり、ハードボイルドであり、サム・ペキンパーへのオマージュのような西部劇なのです。謎の小悪党二人のキャラクターを最後まで見せずに、多種多様な登場人物を出して、ワザとストーリー・テリングのコアな部分を五里夢中の状態に置く演出は正に「ユージュアル・サスペクツ」の世界です。誰が味方で、誰が敵なのか、妊婦ロビン(ジュリエット・ルイス)とジェームズ・カーンの関係はもしや!?…脇役に見えたジェームズ・カーンの名前がエンドロールでは一番上に書かれていました。やはり、クリストファー・マックァリー只者ではありません。

    【BSフジ】鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告